相続税路線価とはどんなもの?

column

コラム

相続税路線価とはどんなもの?

不動産の価値を計算する相続税路線価

財産として所有するものの中で、特に不動産の価値については流動的です。そのため、不動産の価値を評価するときにはある基準が必要となります。その基準として用いられるのが相続税路線価です。

相続税路線価は、その名のとおり不動産の相続が発生した際、相続税の計算に使われるものです。この基準により、正確かつ公平に相続税を算出することが可能になるのです。相続税路線価は、その他にも用いられる場面があります。

相続税路線価を使用する場面や価格の設定とは

相続税路線価は、不動産の価値を評価するために必要となる基準です。この基準は、以下のようなときに使われます。

・相続税の算出
・贈与税の算出

相続税路線価は、不動産が多く集まる市街地ではおおむね設定されていますが、地方など設定がない地域もあります。このときの不動産評価については、固定資産税評価額を用いて一定の倍率をかけた倍率方式が適用されます。

ちなみに、相続税路線価の価格は、毎年1月1日に国土交通省が発表する地価公示価格のおよそ8割程度に設定されています。つまり、相続税の課税対象になる価格は本来の不動産価値よりも若干低くなるのです。

詳細や計算方法について

相続税路線価は国税庁が毎年7月に発表するもので、誰でも確認、閲覧ができるように国税庁のホームページで公開されています。不動産における相続税は、相続が発生した年の評価を利用して計算することが必要です。

相続税路線価の計算方法は、まず路線価図で相続する土地の住所を探し、該当する土地に接している道路を見ます。道路には1平方メートルあたりの路線価が記載されているため、土地の面積をその数値に掛けるのです。土地が2つの道路に接している場合、大元となるのは高い方の路線価ですが、安い方の路線価や複雑な補正率・加算率なども計算に用いられます。

ちなみに、その土地が借地である場合は借地権割合の考慮が必要です。借地権割合は、路線価図に記載されている数値の横にあるアルファベット記号によって異なります。

相続税路線価は自分で調べてもいいですが、詳細は税理士に相談することをおすすめします。