年末調整の後に発行される源泉徴収票の見方

column

コラム

年末調整の後に発行される源泉徴収票の見方

源泉徴収票とはいったい何?

従業員を雇用している会社では、従業員に支払う給与から前もって所得税を天引きすることが義務付けられています。これが源泉徴収であり、源泉徴収額は1年の所得が確定する前に暫定的に前払いしている税金ということができます。

そして、給与の総額からいくらの源泉徴収を行ったかなどの情報が記載されているのが源泉徴収票です。これは、年末調整後や退職後に会社が発行する義務があります。源泉徴収票には上記のような情報以外にも記載されているものがあり、所得税の計算をどのように行ったかがこれ1枚でわかるようになっているのです。

所得を計算する際に適用される控除額

所得税は、その年に発生した給与収入の総額から、源泉徴収額や各種控除額を差し引いて計算されます。その控除には主に以下のようなものがあります。

・給与所得控除
給与を受けている場合、業務を行う上で発生する備品や消耗品などにかかる諸経費を考慮し、控除される金額です。

・社会保険料控除
会社で加入している、または前職の会社や自費で支払った社会保険について、保険料の全額が控除されるものです。

・扶養控除
一定の条件を満たした扶養親族がいる場合に適用されます。

・配偶者控除
配偶者を扶養している場合に適用されるものです。

源泉徴収票に記載されている内容とは

では、源泉徴収票には主にどのような内容が記載されているのでしょうか。

・支払金額
給与で得た収入の総額(源泉徴収額や各種控除額を差し引く前)です。

・給与所得控除の金額
給与所得控除の金額です。

・所得控除の額の合計額
給与所得控除を含め、各種控除額を合計したものです。

・源泉徴収税額
1年間に天引きされた源泉徴収の金額です。

・控除対象配偶者、扶養親族について
控除の対象となる配偶者や扶養親族の人数や控除額が記載されます。

・社会保険料等の金額
会社から天引きされている、またはそれ以外に年末調整で申告した社会保険料の金額です。

・生命保険料の控除額、地震保険料の控除額
年末調整時に申告した生命保険料や地震保険料に基づいて計算された控除額です。

・住宅借入金等特別控除の額
住宅ローンを組んで1年目に確定申告を行って控除の適用を受けた場合、2年目以降は会社が控除の手続きを行い、その控除額が記されます。