前職の源泉徴収票が転職先の年末調整に必要な理由

column

コラム

前職の源泉徴収票が転職先の年末調整に必要な理由

年末になると必要になる年末調整

年末を迎えると会社では事務処理で忙しくなるものです。・保険料支払いの証明書を提出する・扶養家族についての申告をするなどで税額などの年末調整を実施します。

自営業者やフリーランスの方の場合、自分で会計処理して確定申告しなければなりません。しかし会社員の場合、会社が税金に関する処理は代行してくれるので必要書類だけを準備して提出するだけで十分です。

転職すると源泉徴収票を提出してくださいといわれる

最近では日本でも終身雇用や年功序列という制度が崩壊しつつあります。このため、より良い条件・職場があれば転職するという人も増えています。転職をして新しくキャリアを積み重ねていこうと思っているところで、会社の経理・人事担当者の方から「前職の源泉徴収票を提出してくれませんか?」といわれることもあるでしょう。

前の職場の源泉徴収票は必要ないと思ってなくしてしまった、そもそも源泉徴収票そのものをもらったことがないという人はどうすればいいか困ってしまったという話もよく聞かれます。ところで転職経験のある人は、なぜ前の職場の源泉徴収票が必要なのかわからない方もいるのではないでしょうか。

年末調整で前職の源泉徴収票が必要なのはなぜ?

転職する場合、その年の途中で会社を変えるケースが多いでしょう。所得税はその年の1月1日から12月31日の間に発生した収入に対して課税されます。また、その間にどの程度源泉徴収されたかをベースにして、納税の過不足の調整を行うことが年末調整の手続きです。もし年の途中で転職した場合、前職と転職先の収入が混ざった形になります。ということは前職でどの程度税金がとられていたのか、転職先の会社が年末調整をするために源泉徴収票が必要になります。

だからこそ転職した際には、前に勤務していた源泉徴収票が必要になるわけです。ただし、例えば「前の職場で勤務している分については自分で確定申告しますので」という風に言えば、源泉徴収票を転職先に提出する必要はありません。しかしこの場合には、来年の2月中旬から3月中旬までに税務署で確定申告の手続きをする義務があります。