経理代行や記帳代行サービスを利用するメリット

column

コラム

経理代行や記帳代行サービスを利用するメリット

経理代行や記帳代行サービスをご存知ですか?

業種に関係なく、会社経営をしていると経理や記帳は行わないといけません。自分で行うとなるとそれなりに時間がかかりますし、経理のスタッフを雇うとなると人件費が経営の負担となりえます。

そこで税理士事務所などの中には、経理代行や記帳代行サービスを行っているところも多いです。文字通り経理や記帳の代行をするサービスのことです。経理といってもその業務は多岐にわたります。取引データの記録や出入金、現金・預金管理などの業務を代行してくれます。

記帳代行サービスの経理業務の代行を利用することで、領収書の計算などを行ってくれます。記帳代行サービスに作業をするにあたって必要な書類を預けて、記帳結果を受け取ることで記帳作業は完了しているわけです。

経理代行や記帳代行サービスの相場は?

このような代行サービスの料金ですが、税理士事務所の場合、まず月額基本料を設定します。そして一定の仕訳数を超えると段階的に料金が増えていくところもあれば、1仕訳当たりいくらという料金システムになっているところもあります。

100仕訳以内であれば、月額1万円程度。400仕訳を超えてくると、月額3万円以上ということになるでしょう。また従量で決まる料金システムの場合、1仕訳当たり50~100円といったところが相場のようです。

電車代など単純な仕訳については、間違えようがないのですが、判断を伴うものや複雑な取引になるものなど、取引の詳細を把握しないと正確な仕訳をすることができない場合などについては、記帳代行では完璧に処理することができないことを理解しておく必要があります。

また、経理代行についても預金管理業務を代行してもらうのは良いですが、万が一何かあったときに、支払い遅延により取引先からの信用を失うリスクもありますので、業者については慎重に選定を行う必要があります。

価格が異常に安い業者は上記の問題点をクリアすることはできないと思われますので、単純作業のみを依頼するなど、うまく使い分けてコスト削減をするのが有用です。

経理代行や記帳代行サービスを利用するメリット

経理代行や記帳代行サービスを利用することで、作業の手間を大幅に削減できるのが最も大きなメリットです。

特に入金・出金伝票の記入はかなり時間がかかります。伝票を作成できないと記帳作業も進みません。記帳代行サービスを利用すれば、これを業者に丸投げできます。実際に行った取引を記入して、通帳のコピーを送付すれば代行してくれるので、作業時間が大幅に削減できます。この余った時間を本業に充てることが可能です。

経理担当者を雇う必要がなくなるのもメリットでしょう。正社員として雇った場合、年収300~400万円の人件費がどうしてもかかります。この人件費をカットできるので、経費削減効果も期待できます。

また、プロが経理・記帳代行を行うので、スピーディに作業を進めてくれるのも嬉しいポイントでしょう。