中小企業がM&Aによって得られるメリット

column

コラム

中小企業がM&Aによって得られるメリット

M&Aと何か?

時折経済のニュースで「M&A」という言葉を目にすることもあるでしょう。なんとなくわかっていても詳しい意味についてはよくわからないという人もいるかもしれません。

M&AはMergers and Acquisitionsの頭文字をとっています。日本語に訳すと「合併と買収」という意味合いがあります。

M&Aといわれると企業の合併をイメージする人もいるかもしれません。

しかし企業間の提携なども含まれていて、売り手と買い手のそれぞれのベストになるような選択肢がいくつも用意されています。

中小企業が行うM&Aとは?

中小企業を対象にしたM&Aでは、主に株式譲渡もしくは事業譲渡のうちのいずれかを選択するのが一般的です。

事業譲渡とは、売り手企業の資産を買い手企業が買い取る方式のM&Aです。

買収の対価は企業に対して支払われますので、売り手企業の株主やオーナーが個人的に現金を手にすることはありません。

また場合によっては今回買収することになった対象に関連する負債を買い手企業が引き継ぐケースも見られます。

株式譲渡とは、売り手企業の株主が買い手企業に自分の保有する株式を売却する方法になります。株式を売却した株主は、現金を買い手企業から受け取ることが可能です。この場合、事実上買い手企業の子会社に売り手企業が入る形になるわけです。

会社同士を合併するのも株式譲渡と同じ効果が発生します。被合併会社の株主は、合併会社の株式や金銭などを受領することになります。

また、事業承継をしたい事業だけを切り出して、他社へ譲渡することも会社法上簡単にできるようになりました。

大赤字の事業と、成長性が見込める事業があるときに、大赤字事業と成長性が見込める事業を分社化し、他社へ承継することもできます。

M&Aによって中小企業が受けるメリットは?

売り手企業にとって、M&Aによって得られるメリットとして大きいのは、事業承継の問題をクリアできる点です。

また、企業体質を強化し社内体制の整備ができることで、従業員の雇用を確保でき、また待遇改善できるので社内の士気を向上させ、事業の生産力をアップできるでしょう。

さらに、創業者が株主になっている場合株式譲渡をすることで、代金を手にできます。

ちなみに会社を清算するのと比較すると、M&Aで株式売却したほうが、税制面で得をするのもメリットといえます。

買い手側もノウハウや技術、ブランドなどを引き継げるので、まったくゼロの状態から新規事業に参入する必要がなくなります。