財務戦略は何のために行うべき?

column

コラム

財務戦略は何のために行うべき?

中小企業の経営者の陥る間違い

中小企業の経営者に「財務状況が悪い」と話すと「売り上げが芳しくない」と認識する人が多くいます。

財務と売り上げが同一の意味を持っていると認識しているようですが、そもそも会社経営をするのは、継続的な投資と回収の仕組みなのです。このような認識を持っていない中小企業経営者は、適切な財務戦略を持っていません。

とにかく銀行から融資を受けて売上高を高く上げれば経営がよくなると思っている人も少なくありません。しかしこれは財務戦略とは言えません。売り上げを伸ばすのはむしろ商品戦略や経営戦略の領域なのです。

では財務戦略とは何か?

では財務戦略とは何なのか、それは資金調達と運用を戦略的に行うことを指します。

売上高がいくらアップしたところで、そこに利益が出ていなければ運用ができておらず、経営の向上につながりません。利益を出すためには売上高を上げるだけでなく、仕入れやオペレーションの際に発生するコストをいかに下げるかが重要です。

売上高が高いに越したことはありませんが、利益を出すことが経営者にとって何よりも重要なことを認識する必要があります。利益を確保できれば、それを資金として再投資や設備拡大などを行う余裕も出てきて、さらなる収益を上げることも可能になります。

つまり、いかに低い利率で資金調達し、その資金を活用して事業から最大限のキャッシュインを生み出していくことになります。

何のために財務戦略は行うのか?

財務戦略を練るにあたって、何を目的にするのかをまずは認識する必要があります。

財務戦略の目的は究極的に言えば、最適資本構成を実現するために事業戦略をサポートすることにあります。資金調達の方法には株式発行などの自己資本によるものと、銀行借入などの他人資本によるものがあります。一般的には株式発行などにより株主に払うコストのほうが銀行借り入れの金利より高いといわれています。自己資本と他人資本をバランスよく組み合わせて最適資本構成を実現させていきます。

そして、事業戦略があって、その上で財務的な意思決定を行う流れが基本です。それぞれの企業には個別の事業リスクを抱えているでしょう。それを認識したうえで、最適な財務戦略を練っていく必要があります。

企業のリスクは事業リスク+財務リスクでも止められますから、そうリスクをコントロールするためには財務戦略により調整すべきです。事業リスクは例えば景気変動や為替リスクなど、自分たちではどうすることもできない要因もあります。一方財務リスクは主体的にコントロールができるので、リスクを低減するためには財務戦略が重視されるのです。