良い事業計画書の書き方とは

column

コラム

良い事業計画書の書き方とは

事業計画書の必要性

会社経営では、銀行や公庫からお金を借りて資金繰りをすることにいつも頭を悩ませているという方も多いでしょう。

銀行などから融資を受けるためには、事業計画書を作成する必要があります。どのような事業を行い。いくら必要なのか、その事業を行うことでどれくらいの利益が見込まれるかなどの資料を作成して、融資する側を納得させるわけです。

事業計画書の作成の良し悪しが融資を決め、ひいては会社の運命を決めることもあり得ます。会社経営をするにあたって、事業計画書の作成はもはや切っても切り離すことのできない作業と言えます。

評価される事業計画書とは?

事業計画書の出来いかんによって、融資が受けられるかどうか決まるといっても過言ではありません。事業計画書の書き方のコツの前に、良い事業計画書の条件には主に3つの項目があります。

①事業を簡潔かつ明確に説明する ②実行計画が明確である ③客観的な情報収集と検証の3要素が含まれた計画書のことです。

この3つの項目を意識して事業計画書を作成するように心がけると、説得力のある資料になるはずです。

事業を簡潔かつ明確に説明する

会社のビジネスモデルを正確に理解してもらうことがまず重要です。

特にIT系など無形資産を商品とするようなところでは、なかなか理解をしてもらうことが難しいかもしれません。

また、ビジネスモデルが理解できないだけで、この事業計画がダメという風に判断をされるかもしれません。

いかに自分たちのビジネスモデルを分かりやすく説明し、強みを理解してもらえるかが重要です。

実行計画が明確である

事業計画は、これからの計画ですので、あらゆる仮定のもとに作成されます。

銀行などはその事業計画書に基づいて事業の判断を行い、融資した資金が返済可能かどうかを判断します。

当然、事業をやるからには利益が出て、融資を返済できる事業計画になりますが、あきらかに矛盾し説明できないようなものを作成してはいけません。

たとえば、ビジネスの立ち上げの時間を考慮せずに、初月から大きな売り上げを見込むことや人員配置とコストがつじつまが合わないなどです。

 

客観的な情報収集

前述のとおり事業計画は仮定のもとに作成されます。

そのためその仮定が客観的に立証できるような情報を根拠にすることが望ましいです。

人口などの統計データを利用したり、市場規模のレポートデータを利用したりして、仮定がいかに正確化を示すことが重要です。

事業計画書の書き方のポイント

事業計画書を作成する際には、一般的にはワードもしくはパワーポイントを使うことが多いです。いろいろな情報をあげたい、細かく説明したいと思うとどうしても文字数が多くなります。

しかし、文字数が多ければいいというものではなく、簡潔にポイントを押さえた事業計画書を作成することです。また文字だけだとどうしても見ている方も退屈してしまいます。販売・製造しようとしている商品であれば画像・数字に関してはグラフや図表などを駆使すると計画書にメリハリがついて、見る側の関心を呼び起こしやすくなります。

事業計画書の書き方で意識しなければならないのは、お金の裏付けについてです。商品や事業ごとの利益の予測や予測損益計算書などを作成することです。またこれから開業を予定しているのであれば、開業資金計画や当面の収支計画についても記載すると担当者を説得しやすくなります。