借地権付きの土地や住宅では固定資産税がかからない?

column

コラム

借地権付きの土地や住宅では固定資産税がかからない?

借地権とは

物件の中には借地権付きの土地や住宅が出ている場合もあります。借地権とは文字通り、土地を借りる権利を指します。こう見ると賃貸住宅のようなイメージを持つかもしれませんが、土地は借り物でもその上に建物があれば、その建物はその人に所有権が発生します。

ですから賃貸では大家さんの許可がないとできなかったリフォームや壁にくぎを打つといったことも自由に行えます。家の中にいる限り、土地付きの住宅を購入したのと一緒です。

しかも土地はあくまでも借り物で購入するわけではないです。このため土地ごと購入するのと比較して、借地権付きの場合、格段に購入価格が安くなります。

また、借地権は土地を借りる権利ですので、譲渡をすることもできます。

借地権の種類は?

1992年に借地借家法という法律が制定されました。その中で普通借地権と定期借地権という2種類の権利が認められています。

普通借地権とは当初は30年・1回目の更新20年・それ以降は10年間権利が持続するものです。しかし、もし借りている人が希望すれば権利が満期になっても自動的に更新されます。

つまり、借りている人が希望すれば、その土地にある住宅でずっと住み続けることが可能です。

定期借地権とは、文字通り期間の定めのある借地権で、普通借地権と比較すると契約更新がないです。契約期間が満期になれば、建物が建っていても取り壊して更地の状態にして貸主に戻します。この、借りている期間は50年以上としているケースが多いです。

借地権と固定資産税の関係

土地を所有している人は毎年固定資産税を納める義務があります。

固定資産税は土地の所有者に対して課税されているので、借地権者はあくまでも土地を借りているだけでその土地の所有者ではないため、固定資産税を払う必要はないです。

ただし、入居後はその地主に対して地代を毎月支払うことになります。地代については、相場により決定されてきますので、土地により異なります。

また、借地権は固定資産税は払う必要はありませんが、相続財産になり、相続税の対象にはなってきます。