中小企業退職金共済制度(中退共)に加入するメリットとは

column

コラム

中小企業退職金共済制度(中退共)に加入するメリットとは

中小企業退職金共済制度とは何か

中小企業の中には、自分たちだけで退職金制度を設けるのは資金面的に厳しいというケースもあるでしょう。このような中小企業でも退職金を従業員に対して供出できるようにしているのが、中小企業退職金共済制度です。略して中退共制度と呼ばれることもあります。

中退共は事業主が相互共済する中に国の援助を含めることで成り立っています。退職金をプールするにあたって、会社のみが支払うケース、会社と従業員ともに掛け金を支払うケースなどがあります。また、中退共制度の元手は、掛け金の一部を国が助成してくれます。その結果、会社・従業員双方負担が軽減されます。

中小企業退職金共済制度を利用するための条件

中小企業退職金共済制度ですが、どの企業でも活用できる制度ではありません。中小企業を対象にしていて、資本金・出資金額と常時使用従業員数の条件がありますのでこのいずれかを満たしていなければなりません。この2つの条件は業種ごとに異なります。

資本金・出資金額と常時使用従業員数の順番で紹介すると、一般業種3億円以下と300人以下・卸売業1億円以下と100人以下・サービス業5000万円以下と100人以下・小売業5000万円以下と50人以下となります。

月々の掛け金は16通りあります。5000円・6000円・7000円・8000円・9000円・1万円・1万2000円・1万4000円・1万6000円・1万8000円・2万円・2万2000円・2万4000円・2万6000円・2万8000円・3万円の中から自由に選択できます。

また労働時間が週30時間未満のパートタイマーの場合月額2000円・3000円・4000円の3通りの中からチョイスします。

中小企業退職金共済制度を利用するメリット

中小企業退職金共済制度は従業員に退職金を支払えるメリットがあります。基本的に従業員は36か月間勤務すれば、掛金以上の退職金を積み立てることが可能です。また、企業側にもメリットがあって、退職金を企業が支払うわけではないので、不利益をこうむることはまずないです。また掛金は全額損金扱いになるので、節税効果も見込めます。

ただし、原則として雇用しているすべての従業員を加入させなければならなく、社員の在職期間が短い企業では、掛け金が全額支払われないなどするため、会社の状況と照らし合わせて検討をする必要があります。