税務署等への届出書、申告書の提出方法

column

コラム

税務署等への届出書、申告書の提出方法

税務署や年金事務所など、役所へ書類を提出することが多々あると思います。

基本的な書類の提出する方法について簡単にまとめました。

ご参考にしてください。

1.届出書・申告書を提出する方法には3つの方法があります。

①税務署、都税・県税事務所に持参する

一番簡単な方法ですが、税務署や都税・県税事務所は不便なところにある場合もあるので、逆に手間がかかってしまうケースもあるかもしれません。

税務署、都税・県税事務所と言っても役所ですので、書類を持っていけば、その場で事務的に受領印を押印して終了です

②郵送により送付する。

一番多いケースだと思われますので、下記に具体的に方法を記しておきます。

③電子申告により提出する。

電子申告はペーパーレスで簡単に申告をすることができますが、税務署や都税・県税事務所の受領印を受け取ることができません。

銀行などからは受領印のある申告書の提出を求められるケースには、どうするの?となってしまうかもしれません。電子申告では、受領印の代わりに受理したメッセージをメールで受領することができますので、それが受領印の代わりとなります。

2.郵送により送付するケース

①提出の準備

税務署、都税・県税事務所への提出書類の準備をします。

原則として提出する書類は、2部作成します。

1部は提出用、もう1部は控えとなります。

申告書は当然ですが、届出書についても控えを受領しておいたほうがいいです。

控えには受領印が押印されますので、届出内容、適用日がはっきりとします。

あと、忘れてならないのが、返信用封筒です。控えを送り返してもらうために、返送先を記載し、切手を貼付してください。切手は普通郵便分の切手であれば大丈夫です。

返信分の追跡をしたい方であればレターパックをおすすめいたします。

②提出先の確認

提出先は管轄の税務署、都税・県税事務所となります。

同区内でも複数税務署がある場所もありますので、ホームページ等で管轄の税務署を確認してください。

また、都税・県税事務所においては、特定の事務所が複数の区を管轄しています。たとえば、渋谷都税・県税事務所の管轄は、渋谷区、目黒区、世田谷区となります。

こちらについてもホームページ等でしっかりと確認をしてください。

③宛先

本来は担当部署まで記載すれば丁寧かと思いますが、通常は分かりませんので、税務署宛、都税・県税事務所宛に送付をすれば大丈夫です。

念のため封書の左下に「申告書在中」・「届出書在中」などと内容物を記載しておけば間違いないでしょう

④送付方法

申告書・届出書は「信書」とされていることから、送付時には「郵便物」または「信書便物」として送付する必要があります。

信書とは「特定の受取人に対して、差出人の意思を表示し、又は事実を通知する文書」と郵便法及び信書便法に規定されています。

信書のことは難しく考えずにとりあえず申告書や届出書は、郵便局から郵便で送るのが間違いないです。

ここで間違えていけないのが、小包は郵便ではありません。そのため宅配便などは受領してもらえません。

税務署・都税・県税事務所は郵便物であれば、普通郵便でも書留でも受け付けてもらえますが、消印日が提出日となりますので、期限がギリギリの時などは、窓口で消印をもらうことをおすすめします。

私どもの事務所ではレターパックを推奨しています。

どうしても郵便局で発送するのが困難な場合は、唯一佐川急便で信書を取り扱っています。飛脚特定信書便というサービスです。くれぐれも宅配便として発送しないようご注意ください。

⑤ポイント

・提出用と控えの2部作成する

・返信用封筒を忘れない(切手を貼付)

・送り先を間違えない

・郵便で行う