高級車が欲しい!個人事業主なら経費で落とせる?

column

コラム

高級車が欲しい!個人事業主なら経費で落とせる?

高級車でも事業に使用していれば経費になる

個人事業主として開業した場合、プライベートと事業の境目については難しい側面があります。そうしたケースとして多いのが、高級車を経費として落とせるかどうかという点です。

高級車に乗りたいという気持ちは多くの人にあるものですが、それがプライベートの趣味によるものなのか、それとも事業に使用していて必要なものであるかという判断に迷ってしまうでしょう。

結論から言えば、事業にかかる業務に使用しているのであれば、高級車でも減価償却費として償却期間中は経費にすることが可能です。

償却期間はそれぞれの資産の耐用年数によって決まり、自動車の場合は新車なら6年となっています。高級車の購入費が経費として認められるのであれば、この期間は減価償却費の計上が可能になるのです。

高級車でも中古車だと経費になりやすい?

給与や家賃などの経費は、発生時に経費として認識されますが、自動車や機械などの固定資産として計上されるものについては、支払時に全額を費用として認識することはできません。耐用年数により期間按分されます。

そのため、短期間での節税効果を求めるのであれば、新車で購入するより耐用年数が短くなる中古車を購入したほうが有利になります

ただし、新車でも中古車でも経費となる金額は同額であるため、トータルの税金を安くするという効果はありません。

具体的に見てみましょう。

新車600万円 耐用年数6年

項目 1年目 2年目 3年目 4年目 5年目 6年目
経費
(減価償却)
△100万 △100万 △100万 △100万 △100万 △100万円
簿価 500万円 400万円 300万円 200万円 100万円

購入時から耐用年数経過までの課税所得に与える影響を見ると、減価償却△600万円となります。

 

中古車600万円 耐用年数4年

項目 1年目 2年目 3年目 4年目
経費
(減価償却)
△150万円 △150万円 △150万円 △150万円
簿価 450万円 300万円 150万円

購入時から耐用年数経過までの課税所得に与える影響を見ると、減価償却△600万円となります。

 

 

耐用年数の違いで経費として認識するタイミングに差異があるだけで、課税所得に与える影響は、新車でも中古車でも△600万円と全く同じとなります。

すなわちどちらの場合でもトータルの税額は全く同じとなります。

 

税額が変わらないということは、新車か中古車という基準で高級車が経費になりやすいかを判断することが適切ではないと言えます。

 

税務署は高級車の必要性をチェックする

事業内容や業績と比べて、高級車の金額が相当ではないといった場合、税務署は本当にその高級車が必要なのかを税務調査でチェックします。

事業に使用しているからといて、手放しで経費計上できるというわけでもないのです。その事業に対して高級車の必要性が認められないとしたら、経費とならない分を追加納税されることとなるでしょう。

高級車を経費で落とせる条件とは

個人事業主が高級車を所有して、それを経費で落とすために必要なこととして、運転記録を詳細に残し、事業に使用しているものであることを証明することがあります。

取引先などに出向くときには、どこまで行ってどれくらいの距離を走行したかを記録し、プライベートで使用した際との線引きを明確にするのです。

また、プライベートで使用する車を別に持っており、それについて経費計上していなかった場合、事業用とプライベート用の車を明確に区別していると認められ、高級車であっても事業用車として認められる場合もあります

さらに、出張旅費規程を明確に作って、一定の条件下では交通費を支給しないなどと決めておけば、事業での車の利用で経費を搾取していないとみなされ、経費として認められることもあるのです。いずれにしても、実際に事業に使用しているか否かが条件となるわけです。

【関連記事:実際経費でどこまで落とせるの?】

 

難しい判断もあると思いますので、分からないことがあれば、私ども専門家へお問い合わせください。

お問い合わせはこちらへ