個人事業主が知っておきたい助成金ってなに?

column

コラム

個人事業主が知っておきたい助成金ってなに?

個人事業主でも受け取れる助成金がある

個人事業主として事業を進めていくにあたって、資金繰りに悩んでいる人も多いでしょう。そのような人のために、いくつかの助成金制度が存在します。

助成金というと法人のみを対象にしているといったイメージを持ちがちですが、個人事業主を対象としたものがあるのです。

助成金は、国もしくは各自治体が運営するもので、基本的には受け取った金額は返済する必要がありません。そのため、融資のように将来的に返済に負担がかかるというわけではないのです。

特に個人事業主は、資金のすべてを自己資金で賄うのは難しい面がありますから、助成金の存在は知っておいて損はないでしょう。

どんな助成金がある?

個人事業主が活用できる助成金は、主に事業に関連するもの、雇用に関連するものとなります。

具体的に、事業に関連するものとしては、創業、研究開発、知的財産、設備投資、地域活性化など国や自治体が推進したいものとなり、そのほとんどの管轄が経済産業省となります。

一方で雇用に関連するものとしては、若年者や高齢者の雇用など、厚生労働省の管轄ものとなります。
受け取りやすい助成金は雇用に関連する厚生労働省管轄のものが多いと思います

どこが管轄するものであっても、国の政策に基づき、毎年様々な制度が作られています。
一点注意が必要なのが、国や地方自治体の年度は、4月~翌年3月ですので、助成金もそのタイミングで見直されることが多いです。

つまり3月末で廃止されるものや、4月になり新規に制定されるものがあり、申請のタイミングや、新しい助成金の検索など、年度を意識して行動をしてください。

助成金と補助金は何が違うのか

個人事業主をサポートするものとして、助成金と補助金があります。この2つの違いとして、まず助成金は一定の条件を満たしていれば受け取れるものです。補助金は審査があり、あらかじめ予算や件数が決められているため、期間内でも定員に達してしまうと受けることはできません。確実に資金調達を行うなら、条件を満たしただけで受け取れる助成金がおすすめです。

ただし、助成金は国や地方自治体の政策に従ったことに対するご褒美のようなものですので、どうしても受給する金額は小さいものになります。通常は数万円から100万円程度となります。

これに対して補助金は、国や地方自治体の政策を具現化していくためのもので、補助事業も審査により選定されることから、金額はかなり大きいものとなります。数千万円を受給できる補助金もあります。

個人事業主を対象とした助成金

ここでは、個人事業主が受けることができる主な助成金について挙げていきます。

キャリア形成促進助成金

事業におけるキャリアを形成するためのサポートを行ってくれる助成金です。事業のために必要な技術をつける職業訓練や研修を受けたとき、また従業員を正社員として雇用したときなどに受けることができます。

トライアル雇用奨励金

これは、雇用の促進を目的とした助成金です。就労経験がない人やブランクがある人、何らかの理由によりフルタイムで働けない人などに対し、試用期間を設けて積極的に雇用することで助成金を受け取れます。

地方再生中小企業創業助成金

地方での経済再生を促進させるために設立された助成金です。該当する地域で、一定の条件を満たす従業員を1人以上雇って個人事業を始める人に対して、開業資金の一部を助成するものです。自治体ごとに適用される事業分野が異なりますから、該当地域と事業について確認しておきましょう。