クラウド会計freeeの認定アドバイザー

column

コラム

クラウド会計freeeの認定アドバイザー

ようやくサポート体制が整いましたので、私ども秋本経営会計事務所でもクラウド会計freeeの取り扱いを開始いたしました。

クラウド会計freeeとは

クラウド会計というタイトルがついていますが、実際はバックオフィスシステムと言っても過言ではありません。

一般的なの売上取引の流れを示すと
商談→見積→受注→納品→請求→入金
となります。

freeeでは、この一般的なフローに必要な見積書・納品書・請求書・入金管理・領収書の発行、管理をすることができ、その処理を行うことで自動的に仕訳が起こされ、会計データに反映することができます。

また、仕入についても発注書の作成、飲食などの経費精算についても管理することができ、
それらの処理も自動的に仕訳となり、会計データへ反映されます。
さらには、給与freeeまでありますので、給与計算もfreeeで行うことができます。

つまり、今まで会計帳簿に入力するために売上であれば請求書控えをコピーしたり、経費精算であればエクセルで集計をしていたところが、そこまでやれば自動的に会計データが作成されますので、会計ソフトへ記帳をするという手間を省くことができます

freeeの強み

さらなる強みは銀行データやクレジットカードデータを読み込むことができるため、通帳をみながら会計ソフトに入力しなくても、入出金データをそのまま読み込み、仕訳を起こすことができます。

今まではデータであるものもいったん紙に印刷して、それをまた会計ソフトでデータ化するという無駄が生じていました。
それをデータのものはそのまま会計データにしてしまうという発想が、freeeの強みだと思います。

話を聞いているとすごい効率的でコストダウンになると思われる方も多いと思います。
しかし、freeeの機能をフルに享受するのは相当ハードルが高いのが現実です。

なぜ、freeeの導入は難しい

なぜかというと、freeeは会計ソフトではなく、ERPのイメージに近く、システム導入と同じだからです。
つまり、会社の現在ある業務フローに合わせてフルスクラッチでシステムを構築できれば何の問題もないですが、既存のfreeeというシステムに自分たちの業務を合わせていかないと無駄な作業が発生することになります。

システム導入で失敗したという話はよく聞く話だと思いますし、自分自身も体験をしたことがあると思います。
システムをうまく運用していくためには、システムに合わせた業務フローをつくならければなりません。
freeeについても同じで、いかにfreeeに合った業務フローを構築するかが一番重要です。そこに導入成功のカギがあります。

私の身近にも流行りにおされ、freeeを試しに使ったという方々がいます。最初のうちは面白みもあって使っているのですが、結局のところはみんな解約してしまいました。
会計の知識があるないではなく、freeeの機能に合わせてうまく運用ができなかったからだと思います。

freee導入で成功するポイント

では、運用のポイントはどこなんでしょうか。
「できる限り手で入力しない」の一言に尽きます。

freeeのコンセプトは自動仕訳です。つまり、請求書や銀行データなど、できる限りデータを活用し、自動的に仕訳をし、どうしてもデータにならないものだけを手で入力する形にする必要があります。

今、私どもがイメージしているのは8割自動、2割が手です。
請求書はfreeeで作成し、銀行データを取り込めれば、売上面は管理できます。
費用面は、クレジットカード払いはデータで取り込めますが、領収書など紙で発行されるものは写真やPDFで取り込む必要があります。

さらに、このOCR読み込みの精度がいまいちなので、そこでどうしても手で修正をする必要性が生じます。
しかし、その集計などはfreeeで行うことはできますので、今までやってきた手間の範囲内で十分賄うことはできると思います。

くれぐれも注意していただきたいのはfreeeは会計ソフトではありますが、手で入力することを想定していないので、通常の会計ソフトより手で入力する仕組みは劣ります。おそらくすべて手で入力すると通常の会計ソフトの2~3倍の時間がかかると思います。

freeeは運用の仕方次第で、強力な武器になります。

秋本経営会計事務所では、freeeに合わせた業務フロー改善を提案し、みなさまの業務の効率化・コスト削減のサポートをさせていただきます。
まずはお気軽にご相談ください。