記帳代行サービスって何?メリットや注意点は?

column

コラム

記帳代行サービスって何?メリットや注意点は?

記帳代行サービスはどんなサービス?

会計の記帳代行サービスとは会社・個人事業主に代わり帳簿作成業務を代行するサービス全般を指します。記帳代行業務自体に特別な資格は要らないので、税理士事務所による記帳代行や元税理士事務所職員による記帳代行など様々な形態があります。

サービスの流れとしては、まず毎月出る領収証や請求書、入出金の記録など会計処理に必要な書類を記帳代行業者に提出します。その書類を元に代行業者が1ヶ月ごとの帳簿を作成するので、後は完成した帳簿の計算結果などを確認するだけです。帳簿の資料にも色々ありますが記帳代行業者から毎月納品されるのは仕訳帳や残高試算表、決算期には貸借対照表や損益計算書も提出されます。ただし、どこまでが記帳代行の業務に含まれるかは会社によって多少異なります。

記帳代行サービスのメリットは?

会計の記帳代行サービスを利用するメリットは面倒な帳簿作成作業から解放されることです。帳簿作成は税務申告や財務状況の把握の為にも大切ですが、直接売上アップに繋がる作業ではありません。帳簿作成を代行サービスに任せることで帳簿作成に充てていた時間を本業に回すことが可能です。

もう1つのメリットが経費削減に繋がる可能性があることです。社内で帳簿作成を行う場合、会計ソフトの導入や経理に詳しい人材の雇用などが必要なので意外と経費がかかります。一方で記帳代行には低料金でサービスを提供する会社も多いので、社内で帳簿作成を行うより記帳代行サービスに依頼した方が経費削減に繋がる可能性もあるのです。

記帳代行サービスの中には財務・経営状況に対するアドバイザー業務を行う会社もあるので、節税や経営改善も期待できます。

記帳代行サービスを選ぶ時の注意点

一口に記帳代行サービスと言っても様々なタイプの会社があるので、会計の記帳代行を依頼する時は注意が必要です。
基本的には税理士事務所が提供する記帳代行サービス、個人による記帳代行サービス、法人による記帳代行サービスの3つに分類されます。
税理士事務所は料金が高めですが税務署から信用されやすいので、税務調査などのリスクも下がります。ただし帳簿作成業務を税理士自らが行うことは稀なので、帳簿作成だけの依頼では割高感があります。

個人の記帳代行の魅力は値段の安さ、税理士事務所職員などが行っているので税務の知識・経験については問題ありません。ただし中には資格も経験もない個人代行業者がいるので注意が必要です。

法人の記帳代行は従業員が多いのでサポートが充実しているのが特徴です。顧問税理士がいるので安心感もありますが、料金は高めです。