まずは知っておきたい会計知識

column

コラム

まずは知っておきたい会計知識

企業会計とは

企業会計とは、株式会社をはじめとする企業に適用される会計のことを言います。実際にビジネスを起こしたら、通常1年間を会計期間と定めます。会計期間中、始まりの期首から終わりの期末までのすべての取引で生じた資産・負債・収益・費用などがどれくらい増え、どれくらい減ったかを記録することになります。

この記録に基づいて期末に決算処理をしていきます。貸借対照表や損益計算書の作成や、税金に関わる処理を行います。会計は企業の事業活動についての情報を株主や従業員などの利害関係者に知らせることにもつながるので重要な処理だと言えます。企業自身も決算書の結果から次期にどのような活動を行っていくべきか、ということが分かる一種の指標になります。

会計の種類について

株式会社での会計処理には目的に応じて種類が分けられます。一つ目は財務会計です。財務会計とは、企業外部の利害関係者に対して会計情報を提供することを目的としています。企業には多くの利害関係者がいますが、特に株主と債権者は企業の将来を左右する立場の人々でもあります。そのため利益の配分や割合などをめぐって対立関係に拍車をかけないよう調整する役割も果たしています。

二つ目に管理会計です。管理会計は企業内部のデータを収集し、分析することで企業の現状を把握したり今後の経営判断に活用する目的があります。企業内で用いるものなので、書類の形式に特別な規定はありません。そのため経営者が見たい会計情報が反映されていることも多く、各企業ごとに異なっています。

決算書の種類について

株式会社の会計処理で作成される決算書は企業の成績表のようなものです。その種類は主に3つがあります。一つ目に貸借対照表、二つ目に損益計算書、最後にキャッシュフロー計算書です。貸借対照表とは、バランスシートとも呼ばれており、企業のある一定時点において資産、負債、純資産という側面から企業の財政状況を見ることができます。

損益計算書とは、期間ごとの経営成績を表すものです。その年度の売上構成を表にしており、収益と費用が反映されます。キャッシュフロー計算書とは、現金及び現金同等物の増減を一会計期間で示したものです。営業活動、投資活動、財務活動ごとに表示し、企業の現金創出能力や取引先への支払い能力を判断するのに役立ちます。これらは総称して財務三表と言われています。