知っておきたい!会計士と会計監査のこと

column

コラム

知っておきたい!会計士と会計監査のこと

会計士の使命とは

公認会計士法第1条には、「公認会計士とは監査及び会計の専門家として、独立した立場において、財務書類その他の財務に関する情報の信頼性を確保することにより、会計等の公正な事業活動、投資家及び債権者の保護等を図り、もって国民経済の健全な発展に寄与することを使命とする」とあります。

企業には多くの利害関係者との関わりで成り立っています。しかし、彼らが企業の財政状況を知れる唯一の方法は決算書類を見ることしかありません。会計士による会計監査で企業が作成する決算書類の信頼性高め、彼らの利益を守っていくのです。

なお、「企業等」という表現は私企業だけに限らず、学校法人や公益法人など公会計が必要な組織全般のことを指しています。公認会計士の存在は国民経済の健全な発展につながるのです。

会計士の仕事

会計士の主な仕事は、企業の経営状況を取り締まる監査業務です。損益計算書や貸借対照表をはじめとする財務書類を調べ、その内容に間違いがないかを徹底的に確認します。会計監査業務は社会的にとても責任が伴う仕事で、今日の社会経済での縁の下の力持ちです。

この監査業務は会計士の独占業務ですが、近年の企業が大規模化するにつれ、公認会計士単独での監査業務よりも監査法人の一員として業務を遂行している場合が多くなっています。また、会計士の業務は監査だけにとどまらず、会計業務やコンサルティング業務、税務業務も行い企業の経営に関する助言から財務、会計の支援に至るまで多くの面から企業を支え、その仕事内容はバラエティーに富んでいます。

会計監査とその種類

会計士が行う監査業務にも種類はたくさんあります。法人内部者が監査にあたる内部監査、監事監査、法人外部者が監査する指導監査、財務諸表監査、自主監査があり、一般に会計監査と呼ばれているのは財務諸表監査です。

会計監査とは会計記録や会計行為について監査人が検討し、是非を表明することを指します。会計監査と一括りに言われていますが、主に企業の会計監査と行政機関の会計監査の二種類に分かれます。企業に関する会計監査は、会計報告が利害関係者の判断を誤らせるような虚偽の表示の排除を目的としています。

行政機関の会計監査は公監査とも呼ばれ、経済性や効率性、有効性が監査の対象となります。さらに、国立大学法人や独立行政法人においても公監査の対象とされています。