確定申告は税理士と公認会計士のどちらに依頼すればいい?

column

コラム

確定申告は税理士と公認会計士のどちらに依頼すればいい?

税理士の業務って何?

税理士の主な業務は、税務書類の作成、税務代理、税務相談に分類され、いずれも税理士法に定める独占業務となっております。

税務書類の作成とは依頼者の代わりに確定申告書など税務に関する書類を作成する事であり、税務代理とは税務署などへ申告、申請、届出等を行う事、税務相談はその名の通り税務に関する相談を受ける事です。なお、確定申告書を作成するためには財務諸表が必須となる事から、独占業務に付随した形で会計業務を行う事ができます。ただし、これは独占業務ではありません。

また、有償無償を問わず、無資格でこれらの業務を行う事は2年以下の懲役または100万円以下の罰金刑となる違法行為であるため、それだけ税理士や公認会計士の仕事には専門知識が必要とされる事がわかります。

公認会計士の業務って何?

公認会計士の主な業務は、監査、コンサルティング、税務に分類されており、監査は公認会計士法に定める独占業務となっています。

監査とは、依頼者である法人などが作成した財務情報が適正に作成された物であるかを確認する事です。それは依頼者の事業活動やステークホルダーへ発信する情報の信頼性を得られる事、およびそれらを保護する事に繋がる重要な業務です。コンサルティングは法人の経営上の戦略などについての相談や指導、コンプライアンスなどの評価を行う事で、税務は税理士登録する事で税理士と同じ業務を行う事ができます。

つまり、監査によって信頼性を得た財務情報や依頼者の事業活動を支援する事により、依頼者だけではなく、それに関わる人々を保護する事が目的となります。

税理士と公認会計士の違いは?

両者の違いは、税理士が税務書類の作成などを通じて適正な納税義務の実現を目的としているのに対し、公認会計士は監査などを通じて信頼性を確保し、ステークホルダーの保護を目的としている点です。つまり、確定申告を依頼するべき専門家は税理士という事になります。

ただし、前述のとおり、公認会計士でも税理士として業務を行える人もいます。そのため税理士事務所、会計士事務所、税務会計事務所など様々な呼び方の事務所が混在していますが、実際に税理士を探す時は依頼したい業務を行える資格があるかどうかを確認すると良いでしょう。

なお、公認会計士が税理士の資格も持っている場合は、公認会計士・税理士という肩書きになっている場合が多いです。これは税務もできる公認会計士だという事をアピールし、仕事を確保する狙いがあります。