クラウド会計って何?メリットやデメリットは?

column

コラム

クラウド会計って何?メリットやデメリットは?

そもそもクラウド会計とは?

帳簿作成など会計処理の必需品とも言える会計ソフト、クラウド会計は会計ソフトの一種でクラウドコンピューティングの技術を利用した会計ソフト全般を指しています。

クラウドコンピューティングとはネットワーク上のサーバー等を経由してサービスを利用する仕組みで、クラウド会計ではサーバー等にある会計システムをインターネットを介して利用します。従来の会計ソフトはソフトをインストールしたパソコンでしか利用できませんでしたが、クラウド会計はインターネット環境さえあればどの端末でも利用可能です。

クラウド会計はソフトを購入する訳ではないので料金は月額制か年額制が基本、また機能が幾つか制限された無料版も提供されています。

クラウド会計のメリットについて

クラウド会計ソフトのメリットの1つが使いやすさ、ソフトによる差はあるものの直感的に操作できるタイプが多いので経理に詳しくない人やパソコンが苦手な人でも使いやすいです。

またバックアップが不要な点もクラウド会計のメリットとして挙げられます。これまでの会計ソフトは取引データを自分のパソコンで管理する必要がありましたが、クラウド会計は取引データがクラウドサーバー上に自動保存されるので管理の手間が省ける上にバックアップの必要もありません。

ネットバンキングと同期することでWeb上の取引データを帳簿上に自動入力できるのもメリットです。これまでの会計ソフトは取引データを自分で入力する必要がありましたが、Web決済が多い人がクラウド会計を使えば全ての取引データを自動入力させることも可能です。

クラウド会計のデメリットについて

クラウド会計の一番のデメリットはインターネット環境がないと作業できないことです。サーバー上の会計システムを利用するという仕組みなので仕方ないのですが、インターネット環境にトラブルが起きた時に備えテザリング機能のあるスマートフォンなどサブのネット環境も用意しておきましょう。

またインターネット環境が悪いと作業が遅くなるのもデメリットの1つです。回線速度が遅いと画面の切り替えや入力したデータの反映が遅くなるので、作業がスムーズに進みません。

また現金取引が多い人はクラウド会計のメリットであるWeb決済の自動入力機能を利用できないので手動入力が多くなります。基本的にクラウド会計は自動入力前提のシステムなので、手動入力の操作性は従来の会計ソフトより劣ります。そのため現金取引が多い人は手動入力の手間やストレスを感じやすいでしょう。

【関連記事:クラウド会計freeeの認定アドバイザー】