経理ソフトで何ができる?経理ソフトのメリットと種類について

column

コラム

経理ソフトで何ができる?経理ソフトのメリットと種類について

経理ソフトを導入するメリットについて

経理ソフトを導入するメリットの1つが帳簿作成の速さと正確さ、経理ソフトなら取引のデータを入力するだけで自動計算され帳簿に集計が反映されます。手書きで帳簿を作成する人もいますが、手書きに比べ作業時間が少ない上に計算ミスも減らせます。

すぐに帳簿が作成できるので毎日取引データを入力して置けば、会社の財務状況や経営状況を即座に捉えることが可能です。またソフトによっては財務状況や経営状況のデータを元に、経営計画や資金繰り計画の資料を作ることもできます。

経理ソフトは使いやすさもメリットの1つ、経理ソフトには経理初心者でも扱える簡単なソフトも多いですからソフトの操作が不安な人でも安心して使えます。表計算ソフトの自動計算機能で帳簿を作る人もいますが、表計算ソフトで帳簿を作るには表計算の知識が求められますから、それに比べれば敷居は低いです。

経理ソフトの種類について

一口に経理ソフトと言っても様々な種類が存在しますが、大きく分けるとクラウド型とパッケージ型(インストール型)の2種類が存在します。

最近主流となっているのがクラウド型の経理ソフトで、クラウド型はネットワーク上にある経理ソフトをインターネットを介してPC・スマホなどから利用するシステムです。ネットワーク上のサービスを利用するのでパソコンにソフトをインストールする必要がなく、インターネット環境さえあればどこからでも利用できるのが特徴です。

パッケージ型はソフトを購入してパソコンにインストールしてから利用するタイプで、基本的にソフトをインストールしたパソコンでしか利用できず、またスマホやタブレットにも対応していません。

クラウド型とパッケージ型どちらが良いの?

経理ソフトはクラウド型とパッケージ型どちらが良いのかと言われても、どちらにも長所・短所があるので一概には言えません。

ただしクラウド型経理ソフトは年々シェアを伸ばしていて、個人事業主や中小企業だけでなく大企業にもクラウド型を導入する企業が増えています。これまでパッケージ型を主力としていたメーカーの中にも、クラウド型を販売するメーカーが出ているので、クラウド型が主流になる流れは止まらないでしょう。

ですから今から経理ソフトを導入するなら今後主流でなるであろうクラウド型を選択するのが無難です。ただしクラウド型はインターネットを介して利用するシステムなので、回線速度が遅いと作業がスムーズに進みません。その点、パッケージ型はインターネットを経由しなくても使えるので、回線速度に不安がある人はパッケージ型の方が向いているかもしれません。

【関連記事:クラウド会計freee認定アドバイザー】