個人の会計事務所に依頼する場合の確認ポイント

column

コラム

個人の会計事務所に依頼する場合の確認ポイント

会計事務所とは

会計事務所とは主に税務に関する申告や申請などの代理を行います。また税に関する書類の作成や相談の業務を行っています。税務業務を主に行うのが会計事務所の特徴です。

一方で監査法人は主に監査業務を行うために5人以上の公認会計士によって設立された法人です。会計事務所には個人経営の税理士や公認会計士の事務所や税理士法人があります。公認会計士には監査の権限が与えられていますが、一定の条件を満たせば税理士としても登録することが可能です。

一般の多くの公認会計士事務所では、監査業務よりも税務業務の方が主な業務となっています。会計事務所とは法律上の呼称ではなく、税務業務を行う税理士や公認会計士の事務所のことを指します。

個人の会計事務所の注意点

多くの企業が会計事務所に税務や経理の処理を依頼しています。個人の会計事務所の中には比較的低額な料金で仕事を請け負っている事務所もあります。一方で個人経営の会計事務所には様々な理由から十分なサポートを期待できない場合も存在します。

例えばスタッフの人数が足りない、あるいは経験が不足しているというような理由からコミュニケーションを円滑に行えない場合があります。また経験の浅いスタッフの多い事務所では、税務や経営について相談を希望しても十分な対応ができないということも考えられます。

そもそも小規模な経営を行っている個人の会計事務所では人材の育成をする余裕がなく、派遣社員に頼っているというケースも見られます。このように個人事務所には様々な注意すべき点が存在します。

個人の会計事務所に依頼する場合に確認するべきこと

個人の会計会計事務所には様々な事業者が存在します。十分なサポートを受けるためには仕事を依頼する前に確認するべきポイントがあります。まず最も重要なことは実際に業務を担当するスタッフが十分な経験を積んでいるかどうかです。

特にその事務所のスタッフの勤続年数などを確認する必要があります。長くその事務所に勤め業務に対する豊かな経験を積んだスタッフが多いのであれば、安心して仕事を依頼することができます。またその会計事務所に税理士などの有資格者がどれほどいるのかという点も重要です。

難関の税理士試験や公認会計士試験を突破した有資格者は業務に対する深い知識を持っています。そのような人材が多い事務所であれば質の高いサポートを期待することができます。