開業を滞りなく進めるための税理士による開業支援

column

コラム

開業を滞りなく進めるための税理士による開業支援

実績のあるプロの税理士に相談しながら開業する

開業というものはほぼ全ての人が始めてであり、今までやったことの無い仕事をすることになります。始めてやる仕事が上手くいかないのは当たり前のことといえるでしょう。

しかし、税理士事務所の税理士は今まで何度も開業支援を行ってきています。つまり、実際に数多くの店や事務所を開いてきた開業のプロフェッショナルといえるのです。自分ひとりの力でがんばろうとせず、まず何をすればいいのかを税理士事務所に相談しましょう。トラブルが起こってから相談するよりも、前もって相談してトラブルが生じないようにしていった方がリスクは少なくなります。

開業を行う場所で実績のある税理士事務所に開業支援を依頼し、店や事務所の開業を成功させましょう。

書類は必ず作成していく

開業を行う際は面倒でも必ず関連書類を作成するようにしましょう。開業支援を受ける際にも、書類の写しを税理士事務所に渡しているかどうかでその後の開業の効率が大きく変わってきます。

特にどんな店や事務所にしていくのかを記した業務計画書は大事であり、税理士はどういった許可申請や免許の取得などを行わなければならないのかがすぐにわかるのです。

財務諸表などの書類も重要ではありますが、まずは業務計画書を確実に作っておくようにしましょう。税理士事務所からも必ず提出するように言われます。

小さな個人店などであれば面倒に思って適当にしてしまいがちですが、業務計画書は開業する本人以外にも法人としての考えと予定を知らせることのできる書類なのでしっかり作成しましょう。

税理士からのアプローチの内容

開業支援を成功させることは税理士にとっても重要であり、事務所の威信がかかっています。なので、決してお粗末な開業にならないように様々なアプローチを行ってきてくれるのです。

その際にああしろこうしろといわれてしまいますが、そうした指導はしっかり聞きましょう。また、その際に確定申告や法定調書の作成などをそのまま任せることが可能です。開業支援は税理士はあくまでサポートですが、こうした税に関することは任せることができます。

税務相談も行えるので、税金の支払いで不安なことがあったらどんどん相談して解決していくことが可能です。税理士事務所に開業支援を受けていると難しい税金関係のこともスムーズに進んでいきます。

開業支援を適切に受ければ、店や事務所の開業を必ず成功させることができるのです。