開業を目指す為の準備

column

コラム

開業を目指す為の準備

開業にあたり準備する書類について

まず事業をはじめるにあたり、税務署や市区町村に開業届の提出から青色申告承認申請書などの届け出が必要になります。青色申告承認申請書を出すことにより、税務上の優遇措置を受けることができますし、また青色申告は複式簿記の帳簿作成によることが条件となります。

開業方法や帳簿記帳方法等によっては書類は変わってきます。書類の書き方や、添付書類の作成方法と自分で準備していこうと思うと、わからない事も多く記入漏れがあったりと大変な作業になってきます。

書類以外でもっとも重要なのが、開業資金です。こちらも、自分で金融機関へ行って慣れない融資の相談をすることも開業する際に必要となってきますが、初めてのことなので負担が大きいですし、不安に思うこともあるでしょう。開業支援を行っている税理士に相談するとよいでしょう。

開業支援の融資について

開業支援の資金の融資を得るためにも、開業前には貯金することをおススメします。なぜならば、融資を受ける時にも自己資金が必要になってきます。開業資金に必要な資金の半分は準備しておきたいものです。残りの半分は開業資金または創業資金として金融機関から借りることが望ましいのですが、資金の半分も用意できそうもないということであれば、連帯保証人が必要となってくるでしょう。

融資のなかにも、無担保無保証人制度がありますが、こちらは自己資金の半分が条件となっている場合も多く、その場合は必須となってきます。様々な種類の融資方法がありますが、開業資金や創業資金などを申請する場合は原則的に公的融資を利用することになるでしょう。

専門家に相談しよう

他にも開業資金や創業資金には地方銀行、信用金庫などで開業支援してくれるところもあります。

基本的には公的融資を利用することが望ましいでしょう。必要に応じて、自分に合った金融機関を探しましょう。そして、一番不安になるのは金融機関が、融資を受け付けてくれなかった場合です。その時は諦めずに、挑戦しましょう。

ですが、やみくもに何も材料を持たずに申請しても同じことの繰り返しになりますので、自己資金を増やすもしくは連帯保証人をつけるなど改善すべき点を踏まえ改めて申請しましょう。

融資や申請などを行う際には、専門家の知識がある税理士にお願いするとスムーズに物事が運ぶでしょう。まずは、税理士に相談することからはじめましょう。融資の申し込み方法や手続き、届け出申請書やその後の確定申告、電子申告まで教えてくれます。