起業融資、こんな会社は受けやすい

column

コラム

起業融資、こんな会社は受けやすい

自己資金がしっかりあることが重要

起業融資は、決算書などの実績には関係なく、会社を立ち上げる際借りることができる融資のことです。受けることができれば、自己資金だけで会社を始めるよりも資金繰りを安定させることができ、事業を早く軌道に乗せることができます。

起業融資の際、金融機関がまず重要視するのが「自己資金」の有無です。自己資金とは会社設立のために個人で貯蓄して準備したお金のことで、これがあれば融資は受けやすいと言えます。

自己資金がないからと言って、消費者金融などで借り入れてお金を作るのは絶対に避けましょう。まずは開業支援を行っている会社や団体に相談してみることが大切です。場合によっては自己資金がなくても融資がおりる可能性があります。”

自己資金がなくても融資が受けられる?

自己資金の有無は、起業融資を受ける際非常に重要視されるポイントです。ただ、金融機関やそのプランによっては、自己資金の有無を融資の要件にしていないものもあります。

じゃあ自己資金がなくても安心、とはいきません。これは窓口で突っ返されることなく話を聞いてもらえる、という意味で、場合によっては融資の条件が悪くなる可能性もあります。

少しでも融資を受けやすい状況に持っていくには、特許を取れる技術がある、仕事につなげられる広い人脈がある、既に取引き先を持っている等、これから作る会社の強みを金融会社に証明する必要があります。そのためには証明書類や資料が不可欠。一人で準備するのが難しいなら、必ず開業支援を受けましょう。

「事業計画」って一体なに?

起業融資を受けやすい会社、受けにくい会社を分けるもう一つのポイントが「事業計画書」です。事業計画書とは会社の目標やそれを達成するための手段が書かれた資料のこと。これをどれだけしっかりと作れるかが分かれ目になるので、開業支援でも多くの人が相談をしています。

ここで大切なのが、事業をいかに大きく成功させるかをアピールするのではありません。金融機関はその事業がどれだけ大きくなるかには興味がないからです。金融機関が見ているのは、期限内に貸したお金がきちんと返ってくるか否か、です。つまり事業計画書が実現可能かどうかを見ているのです。そのため、見栄えを良くしようと数字を釣り上げるよりも、現実的で確実性の高い事業計画書を作成する方が、融資は通りやすくなると言えるでしょう。