起業に失敗しない為の開業支援の方法論!

column

コラム

起業に失敗しない為の開業支援の方法論!

起業しても失敗しやすい?

開業支援を受けるにあたり、簡単に開業出来るからといって安易に開業するのは良くありません。何故なら開業して1年後に約3割、3年後に約6割、10年後にはなんと9割が廃業に追い込まれているとされているからです。

安易な開業は失敗を生み、思いもよらない借金を抱えることになり得ます。それなら様々なサービスや入念な事業計画を立てるといった方法がありますが、それでも失敗する可能性はあります。どんなに良いサービスでも事業計画を立てても、お客がそれを魅力的に思うかどうかは別問題です。

よって起業する時に必要なのが営業力です。開業支援を受けることで様々な方法論を提案してくれますし、相談や検証などを行うことでより失敗しない起業を行うことが可能です。

開業する前に営業経験を積むことが大切!

開業支援の方法論として挙げられるのが、開業する前に営業の経験を積むことです。開業して失敗する例として多いのは営業のノウハウが培われておらず、どんなに良いサービスや商品を提供しようとしてもお客に伝わらなければ意味がありません。

例え別の会社で大企業向けの商品のコンサルティングなどを経験していても、いざ自分が同じように営業しても状況がまるで違うので全く売れない可能性が十分にあります。

効率良く営業スキルを身に付ける為には、出来る限り自分が取り扱う商品と同じ営業をしている会社の下で働くという方法です。自分が開業後に取り扱おうと考えている商品を取り扱っている会社なら営業のノウハウを効率良く学ぶことが出来るでしょう。

様々な営業方法がある!

開業して成功する為にも様々な営業の方法があり、開業支援を受けることで自社にあった営業の方法論を教えてくれるでしょう。その中でも基本的な方法といえば、飛び込み営業が挙げられます。

この営業法は一軒一軒の家を回って商品を売るという方法であり、最も多く行われている営業法かもしれません。その場で契約が取れるので実感が湧きますが、その為には営業トークが上手くないとスムーズに売れない問題が出てきます。訪問販売の経験があるならまだしも、ストレスも溜まりやすいので注意が必要です。

それ以外の営業方法も一長一短なので、どの営業法が良いのか専門家と相談しながら決めた方が良いでしょう。どの営業法があっているかは業種や業態、取り扱う商品など様々な要因によって違ってくる為、相談し合った上で自分に合った方法を見つけるのが得策です。”