主な資金調達の選択肢と選択によって得られるメリット

column

コラム

主な資金調達の選択肢と選択によって得られるメリット

身近な人間や個人投資家による融資

資金調達方法の中で比較的多いのが、友人や親類に頼る方法です。この方法は、気心が知れた間柄であることから頼みやすいという点や、利子などの折り合いが付けやすいといったメリットもあります。しかし、親しい間柄であっても金銭の貸し借りには二の足を踏む人も少なくありません。人間関係を壊すことのないように、しっかりと誓約書を交わして誠実に返済して行くことが大切になります。

そのほかの方法としては、個人投資家による融資です。個人投資家は自信が会社を経営している場合が多く、経営計画など先がしっかりと見通せているのであればアドバイスも兼ねて資金を融資してもらうことも可能になります。友人や知人にそういった人がいるのであれば、積極的に交流を深めておくことが重要です。

創業、制度融資を利用した資金調達方法

資金調達において現実的な部分で考えた場合、創業制度を利用する方法が最も実現する可能性が高いといえます。創業制度とは政府が管轄している金融機関から融資を受ける形です。中小企業の経営を支援する目的で運営されていて、お金を貸し出すのみとなっています。

中小企業を対象としているため、上場企業の場合は融資を受けられませんが、1500万円前後であれば無担保で借りることも可能なことから、中小企業の資金調達としてはおすすめです。

そのほかにも、創業融資とは別に制度融資という方法もあります。こちらは創業制度に比べて借り入れ時の金利が低いというのがメリットです。その反面、許可が下りるまでの審査に時間が掛かってしまうため、早急に資金が必要な場合は気をつけなくてはいけません。

助成金や資産の売却による方法

会社を創業した時に助成金や補助金を受けることができるケースは少なくありません。これは、地域によって金額や条件が異なりますが、他の融資の方法と違うのは、返済の必要がないことです。会社の経営の状況によっては借り入れの返済が難しいこともあるため、この点は大きなメリットと言えます。

難点としては、申請をしても必ずしもお金が貰えるという確約がないことや、実際に支払われるまでに長い時間を有するという点です。しかし、長期的な資金調達を考えている人には安心できる方法とも言えます。

不要な資産を売却するのも、結果的には資金の調達に繋がる方法です。一般的に経営に影響しない物としては、個人所有の不動産であったり、ゴルフの会員権といったものになります。この方法も借り入れとは異なり返却の必要もないため安全な資金調達方法と言ってもいいでしょう。