起業家が事前に準備しておきたい資金調達の方法!

column

コラム

起業家が事前に準備しておきたい資金調達の方法!

出来る限り自己資金を貯めておくべき?

事前準備として手軽に資金調達が出来る方法として挙げられるのが、出来る限り自己資金を用意しておくというものです。
元々は自分で用意した資金なので誰かに借金をしているわけではない為、一番気楽に用意出来ると言っても過言ではないでしょう。もちろん起業費用の全てを自己資金で賄うことが可能な状態がベストですが、それが出来るのは稀なケースです。さらに業種によっては必要とする資金額も違ってくる為、自分が起業したいと思う業種はどれくらいの資金が必要なのか調べておいた方が良いかもしれません。
目安としては事業を始める際に必要な金額の半分を自己資金で賄うのがベストとされています。その内のお金を家族から受け取る方法もありますが、贈与とみなされない為にも借用証を用意しておきましょう。

様々な制度融資を利用しよう!

起業する前の事前準備を行うにあたり、様々な制度を利用して資金調達を行うという方法があります。
その中の方法の一つとして自治体による制度融資を受ける方法があり、金融機関や自治体などがスムーズに資金調達を行えるようにしてくれます。自治体が借入利子の一部を補給したり金融機関からの融資を得られたりと様々なメリットがあります。信用保証協会が保証人になってくれるので起業家は無担保で融資が受けられますが、自治体によって条件が違ってくるので別のところからの融資を受けた方が良いケースもあります。

場合によっては定期預金を崩してまでも資金調達を行う方法もありますが、定期預金を崩さなくても自己資金が用意出来る定期預金担保付貸付というのも利用出来ます。

金融機関などに返済しないで資金を調達する方法とは?

資金調達の事前準備を行うにあたって知っておきたいのが、どこにも返済することなく資金調達が行える方法です。
それは補助金や助成金を利用する方法です。これらの方法は返済する必要性がない為、単純にこちらの利益となるので資金調達として非常に便利です。どれも自由に資金が受け取れるものではなく、助成金は基準を満たしていれば支給されるのに対して補助金は審査に合格しなければ支給されません。

積極的に助成金を利用した上で、事業計画書を作成しましょう。審査は厳しくなっている傾向にある為、プロの人に事業計画書を作成してもらうのがベストです。助成金を利用するなら起業したての会社でも基準を満たしている可能性があるので、どの条件を満たしているのかチェックしましょう。