資金調達は企業の成長モデルで選ぶべし

column

コラム

資金調達は企業の成長モデルで選ぶべし

資金調達方法は大きく分けて2つある

ベンチャー企業が資金調達を行うに当たっては、大きく分けて「デットファイナンス」と「エクイティファイナンス」の2種類があります。
「デット(debt)ファイナンス」とは、金融機関から資金を借り入れたり、社債を発行することで事業のための資金を調達する方法です。この場合、貸付を行った金融機関の利益とは、ベンチャー企業から支払われる利子ということになります。

他方、「エクイティ(equity)ファイナンス」とは、投資先に発行した株式を割り当てる代わりに資金を借り入れる調達方法で、主にベンチャーキャピタルなどが資金の貸付を行います。この場合、貸付ける側の利益とは、ベンチャー企業の株が上場した際に得られるキャピタルゲインが主なものになります。

デットファイナンス型資金調達の留意点

デットファイナンスによってベンチャー企業が資金調達を行う際、貸付を行う金融機関にとって最も重要な点は「利息を含めた貸付金が滞りなく返済されること」です。従って、デットファイナンスによって資金調達を行ったベンチャー企業には、利益を積み上げていくようなキャッシュフローが実現できる事業モデルが求められます。

実際、事業開始当初から黒字を達成することは大変難しいですが、少なくとも四半期ベースで早々に黒字化できる見通しが立っていなければ、デットファイナンスによる資金調達は大変困難だと言えるでしょう。また、よしんば借入れることができたとしても、期限内に黒字化達成の目処が立たなくなった時点で資金の引き上げにあい、事業停止を余儀なくされるといったことも考えられます。

エクイティファイナンス型資金調達の留意点

エクイティファイナンスによってベンチャー企業が資金調達を行う場合、投資側の利益は上述の通り、株によるものということになります。株価は需給関係によって決まるため、貸付金の利子よりも多くの利益が得られる可能性がある反面、貸付金に損失が出てしまう可能性もあります。

換言すればエクイティファイナンスの場合は、事業推進の過程において損失が出た場合でも、将来的に株価が上がるのであればそれが許容される余地が格段に大きいということになります。つまりエクイティファイナンスは、開発などに期間や労力がかかるものの、成果が出た際に大きな利益を生むような事業モデルに合っていると言えます。

安定成長型の事業モデルでもエクイティファイナンスによる資金調達が適合する場合もありますが、黒字転換のインパクトが大きい急成長モデルの方が株価に与えるインパクトが大きいため、よりエクイティファイナンスの方が適しているのです。