IPOとはどのような仕組みになっている?

column

コラム

IPOとはどのような仕組みになっている?

IPOのメリット!

IPOとは新規公開株のことであり、上場前の会社の株式を事前に購入出来るものとして様々なメリットがあります。何といっても公募された株式よりも上場する前の株式の方が安く購入出来る可能性があるのが最大のメリットだと言えるでしょう。

一旦公募されてしまうと株式の値段が上がる可能性があり、特に人気の株式は大幅な値上げによって購入出来なくなる恐れがあります。事前に安く株式を購入することが出来れば、初値売りの時に値段が数倍になった状態で売却することが可能です。

IPOはほぼ損失がない状態で大きな利益を上げる可能性があるものであり、もし抽選に当たれば非常にラッキーだと言えます。どの株式が初値売りの時に高騰する可能性があるのかチェックしてみましょう。”

IPOのデメリット!

IPOには大きな利益を上げるチャンスがあるなどのメリットがありますが、デメリットもあります。
そのデメリットとは、公募価格よりも初値売りが下がる可能性があることや上場した後の値動きが激しいことです。もしも公募した後に初値売りが下がってしまうと、その状態で株式を購入しても損失になってしまうだけです。

また、上場後の値動きが激しい状態だと一旦値動きが落ち着くまで待つ方法がありますが、それだと初値売りが下がって損失になってしまう恐れがあります。これらのデメリットを避ける為には、初値売りが下がるようなIPOの抽選に参加しなければ損失になることはありません。そして値動きが激しい場合は値段が落ち着く前に初値売りの時に売却するのが得策です。

株式の当選確率を上げるコツとは?

いくらIPOを利用して大きな利益を上げるチャンスがあるとはいえ、抽選に当選しなければ利益を上げることは出来ません。
そこで当選確率を上げる為にも様々な抽選に応募するのを繰り返すのが得策です。具体的には応募する機会を増やす為に複数の口座を開設し、自分だけでなく身内にも協力してもらう方法です。

証券会社によって様々な違いがありますが、証券会社の口座を開設していれば公募に挑戦出来る回数が増えます。また、自分だけだと挑戦出来るのは1回だけなので当選確率はそこまでではありません。しかし、そこで身内にも協力してもらえば単純に2倍の確率で当選する可能性があります。口座を開設しても維持手数料などはかかりませんし、注目度が高いIPOにだけ積極的に参加するだけで大きな利益を得るチャンスが生まれます。