事業を始めるなら個人事業主?法人?

column

コラム

事業を始めるなら個人事業主?法人?

事業を始めようとする人にはいろいろなケースがあると思います。新しく始める事業を本業にしようとしている人、本業は他にあるが、副業として事業を始めようとする人、テストマーケティング的に小さく始めようとする人、上場を目指す人、様々なケースが考えられます。
事業を始めるにあたって個人事業主がいいのでしょうか?法人を設立したほうがいいのでしょうか?

1.事業の始めやすさ

個人事業主は、事業を始めると言った日から事業を開始できます。ただし、税務署、都税事務所に開業届を提出する必要があります。また、開業するためにコストは全くかかりません。

これに対して法人は、定款を作成し、登記をしてから事業を開始することになります。
こちらも税務署、都税事務所に開業届を提出する必要があります。コストに関しては、設立に関する登録免許税や登記に関する費用が掛かります。

【関連記事:自分で株式会社の定款を作成しよう】

 

2.事業の廃止のしやすさ

先ほどは事業の始めやすさを見ましたが、今度は事業の廃止のしやすさを見ていきたいと思います。

個人事業主は、事業をやめるといった日で事業を廃止できます。ただし、税務署、都税事務所に廃業届を提出する必要があります。

これに対して法人も事業をやめると言った日に事業を廃止することができます。ここからが大きな問題ですが、事業を廃止した後、法人をどう処理するかが問題となります。なにもしなくても維持コストがかかりますし、清算にするにも厳格な手続きを踏んで登記をする必要があり、簡単にやめたと言って法人をなくすことはできません。

 

3. 維持コスト

法人のデメリットでもありますが、個人事業主と比べて維持コストがどうしても法人のほうが大きくなります。

① 税理士コスト

確定申告書をみていただければ、よくわかると思いますが、個人と法人では、法人のほうが申告書が複雑になります。そのため税理士と顧問契約を締結するときは、法人のほうがどうしてもコストが高くなる傾向にあります。

② 登記費用

法人は法律で定められた事項を登記する必要があります。そのため、登記した事項に変更があった場合には、変更登記をする必要があり、その都度登録免許税がかかります。

例えば、株式会社の役員変更登記には1万円、住所変更登記には3万円かかります。個人事業主には登記制度はありませんので、このようなコストはかかりません。

ただし、個人でも商号を登記することができますので、この場合には登記費用がかかります。

【関連記事:屋号と商号ってどう違うの?】

 

4. 個人⇒法人、法人⇒個人

では、個人から法人成り、法人から個人成りが簡単にできるかを見ていきたいと思います。

① 個人⇒法人

一言で言えば簡単にできます。個人が事業で使用しているモノを法人へ出資をして、法人を設立し、契約を個人から法人へ移行すれば、スムーズに個人から法人へ生まれ変わります。コストも会社設立に関するコスト程度で追加の大きなコストはかかりません。

② 法人⇒個人

こちらはかなり難しいです。契約などを移すことは簡単ですが、法人が持っているモノを個人へ移転するのに、売却や法人の清算の過程をとらねばならず、税金や手間で相当のコストが発生すると考えられます。

 

法人は法律により設立されるものであるため、どうしても個人事業主に比べて規制が大きく、上記のような問題があると考えています。事業を始めるにあたっては、その時の状況に適した形態を選択していく必要があります。特に小さく事業を始める方や、テストマーケティング的にとりあえず始める方などは、個人事業主を選択するものもありかと思います。