忘れずに申告しよう!生命保険料控除とは?

column

コラム

忘れずに申告しよう!生命保険料控除とは?

生命保険料控除とは

将来、万が一の事態に備えて生命保険に加入している人も多いでしょう。

確定申告時には、保険会社などに支払っている保険料に基づいた控除額を、その年の所得から差し引くことができます。これが生命保険料控除です。

生命保険料控除を受けることによって、課税対象額を減らすことができ、税金を少なく抑えることが可能になります。

今加入している生命保険について見直し、控除の対象であれば確定申告のときに算入しましょう。

サラリーマンの方は年末調整の書類に記載をしましょう。

【関連記事:確定申告で納税額を減らせる所得控除の種類】

生命保険料控除を受けられるケース

生命保険料控除に関する税制については、平成24年に大改正がありました。

そのため、平成23年以前に契約したもの(旧制度)と平成24年以降に契約したもの(新制度)で取り扱いが異なっています。

生命保険会社から送られてくる生命保険料控除証明書には、旧制度か新制度か記載がありますので、ご確認ください、

なお、旧制度での契約については、旧制度の生命保険料控除制度がそのまま継続されて適用されます。

新制度

新制度で生命保険料控除の対象となる保険には、以下のようなものがあります。

① 一般生命保険

死亡保障付きの生命保険は、一般生命保険料控除が受けられます。

② 個人年金保険

積み立てた金額を年金として受け取れる個人年金については、個人年金保険料控除の対象です。

③ 介護保険、医療保険

けがや病気になったときの医療保険や介護が必要になったときの介護保険は、介護医療保険控除の対象となります。

大きく分けると上記の3区分となります。

具体的に対象となるものは、生命保険会社と契約しているもののほか、農協や生協で契約している各種共済、損害保険会社と契約している傷害などの保険です。

旧制度

旧制度で生命保険料控除の対象となる保険は、新制度と異なり、下記の2区分となります。

① 一般生命保険(死亡保障がある保険、介護保険、医療保険)

② 個人年金保険

生命保険料控除額

新制度、旧制度ともに対象となる生命保険料に大きな違いがありませんが、区分が異なることにより控除額が変わってきます。

新制度

平成24年1月1日以降に契約した生命保険については、下記の計算式で算定します。

年間の支払い保険料等 控除額
20,000円以下 支払保険料等の全額
20,000円超40,000円以下 支払保険料等×1/2+10,000円
40,000円超80,000円以下 支払保険料等×1/4+20,000円
80,000円超 一律40,000円

新制度のみの契約しかない方は、区分ごとに上記の計算式に当てはめて計算をするため、1区分の上限40,000円×3区分=12万円が控除額の上限となります。

旧制度

平成23年12月31日以前に契約した生命保険については、下記の計算式で算定します。

年間の支払い保険料等 控除額
25,000円以下 支払保険料等の全額
25,000円超50,000円以下 支払保険料等×1/2+12,500円
50,000円超100,000円以下 支払保険料等×1/4+25,000円
100,000円超 一律50,000円

旧制度のみの契約しかない方は、区分ごとに上記の計算式に当てはめて計算をするため、1区分の上限50,000円×2区分=10万円が控除額の上限となります。

新旧制度の両方で契約がある人はどうなる?

介護医療保険料控除は新制度にしかありませんが、一般生命保険料控除と個人年金保険料控除は新旧どちらも存在するため、新旧両方で契約がある方はどのように計算をすればいいのか迷うのではないでしょうか。

新旧両方で契約がある方は、それぞれの制度で計算をして、合計をすることができますが、その場合の上限額は4万円となってしまいます。

つまり旧制度のみで計算をすれば上限5万円となる方は、新旧それぞれの契約を合計しないほうが有利になります。

このようにして3区分のそれぞれの生命保険料控除額をまずは算定し、合算をして全体の生命保険料控除額を算定します。

ただし、全体の生命保険料控除額については、上限が12万円となっているため、仮に旧一般生命保険料控除5万円、新介護医療保険料控除4万円、旧個人年金保険料控除5万円で合計14万円となったとしても12万円までしか控除をすることができません。

どのような手続きをすればいいか

上記に当てはまる生命保険に加入しているとき、支払った保険料に基づいて生命保険料控除額を計算し、その金額を確定申告によって所得から控除することが可能になります。

保険会社などからは、その年に支払った保険料を証明する生命保険料控除証明書が送られてきますから、それを大切に保管してください。

まずは、確定申告書Aの第二表に、生命保険料控除証明書に記載された金額を記入します。

次に、第一表の生命保険料控除の欄には、計算した控除額を記入しましょう。

最後に、各種証明書を貼付する台紙に生命保険料控除証明書を貼り付け、確定申告書と一緒に提出すればOKです。

収入があった先から源泉徴収を受けている場合は、それも合わせて証明書貼付台紙に貼り付けて提出します。