将来に向けて準備を進める!M&Aの基礎知識

column

コラム

将来に向けて準備を進める!M&Aの基礎知識

M&Aの基本について知る

M&Aとは、英語のMerger(合併)& Acquisitions(買収)の略称であり、複数の企業を一つにしたり、他の企業やその資産を取得する事を意味します。M&Aが行われる目的としては、新規事業分野や新規市場への進出、事業統合、経営不振に陥っている企業の救済、資金充当、グループ企業間での再編などが挙げられます。

これにより、不足している経営資源(人材、資金、資産、技術、情報、ネットワーク 等)を補うことで、同事業分野での飛躍的発展や再構築から、他事業分野への拡大までを視野に入れた計画的な経営戦略を構築できます。近年、ビジネスの主戦場がますます国際化するのに比例して、国際的な競争力を高め生存競争に打ち勝つために、規模も実施数も増加傾向にあります。

M&Aの手法について知る

それではM&Aで用いられる代表的手法について見ていきます。
まず合併には、吸収合併と新設合併があります。A社とB社を例とすると、B社が自社の事業を全てA社に譲渡した後に解散する形を吸収合併と呼びます。またC社を新たに興し、ここにA社とB社それぞれの事業を全て譲渡した後に、両社解散する形を新設合併と呼びます。

次に買収についてですが、大きく株式取得と事業譲渡の2つがあります。株式取得は更に、経営権移転を企図した株式売買を行う株式譲渡や、特定の第三者の議決権比率増大を狙った新株引受、発行済株式全てを取得させる株式交換等に分類されます。事業譲渡とは、対象企業の全ての事業もしくは特定の事業分野を売買する事を指しています。

M&Aの注意点を知る

競争力の強化という面でM&Aは非常に有効な戦略だと言えますが、注意するべき点として敵対的買収が挙げられます。敵対的買収とは、対象企業の経営陣に対して友好的ではなく実施される買収を指します。経営陣が買収に否定的であるため、様々な買収防衛策が図られたり、株主へ買収提案に応じない様に働き掛けが行われるなど、買収成否に大きく影響します。

また、その手法が利己的であるほど対象企業の人材や取引先に見限られ、 買収に成功しても結果的に想定した機能や価値を失うリスクがあります。もちろん、必ず友好的で下手に出る必要はありませんが、状況に応じて柔軟に手法を選択する姿勢が重要です。

今後、どの様な分野の市場も国際化していく事が容易に予想され、その厳しい事業環境の中で拡大を続ける事が求められます。自社の事業を強化する事と合わせて、上手くM&Aを活用し、計画的な企業戦略を構築しましょう。