M&Aによって生じる様々なメリットとデメリットを紹介!

column

コラム

M&Aによって生じる様々なメリットとデメリットを紹介!

大幅に業界シェアを伸ばせるメリットがあります!

M&Aによって得られるメリットとしては買収した会社の経営資源や取引先などを一度に取り込む事が可能となり、それによって企業の規模を大きくする事ができます。例えば大手の企業がある特定の部分で強みを持っている中小企業を買収できれば、大幅に業界シェアを伸ばす事もでき、最終的には売り上げのアップなども期待できます。

逆に企業を買収する際にはいくつかデメリットが生じるリスクも潜んでいます。買収を行うと会社が買収した他社へ社員を送り込むケースがあります。その際、送り込んだ先の社員との人間関係が良くないとせっかく買収しても会社がうまく機能しない恐れがあります。

またM&Aを行うと企業風土などが違う会社同士が一緒になるので、それらの調整がスムーズに行われない可能性も出てきます。

M&Aを行えば短時間で事業が拡大できます!

M&Aには短時間で事業規模を拡大する事ができるメリットがあります。新規事業を一から立ち上げようとすると多額の費用がかかりますし、また社員を教育したり、新たな取引先を探して信頼関係を築いていくにはそれなりの労力と時間が必要となります。一方、M&Aを行えば社員教育や取引先の開拓などに費やす時間を大幅にカットする事ができ、迅速に事業を展開していく事ができます。

また新規事業を起こす場合には多少のリスクが生じますが、M&Aによってある特定の事業で実績を積み上げている企業を買収できれば、リスクを低く抑えられるというメリットもあります。

しかし、M&Aには逆に利益が下がってしまうというデメリットもあります。それなりの資金を投入したにも関わらず、思うように利益が上がらなかったり、社員のモチベーション低下によって売り上げなどが伸び悩んでしまうリスクがあるからです。

雇用や労働に関するルールが変更される場合もあります!

M&Aには後継者問題を解決できるメリットもあります。「社長を任せられるような人材が育っていない」など後継者問題が生じている企業がM&Aによって優秀で実績のある企業に経営を任せる事も可能で、後継ぎに関する問題を一気に解決できます。

他にもM&Aのメリットとしては社員の雇用を守れるという点があり、信頼できる企業に会社の経営などを任せる事により、その企業の下で社員の雇用を守る事が可能になります。

また福利厚生や給与など待遇改善が期待できるというメリットも期待できます。

逆にM&Aの場合、買収する側の企業によって社員の雇用や労働に関するルールが大きく変更されてしまうデメリットが生じてしまう場合もあります。M&Aを行う際は、どのようなメリットやデメリットがあるかを十分に把握した上で検討する事が重要です。