M&Aをうまく活用し事業収益を高めよう

column

コラム

M&Aをうまく活用し事業収益を高めよう

さまざまな戦略M&Aの種類

「統合・再建型」の戦略的M&Aは、対象となる部門に特化している企業を買収したり統合したりすることで共有化を図り収益を高めていきます。例えば統合することで設備や研究開発などを共有したり、間接費などのコスト削減を行ったりし、仕入れ先や顧客に向けての交渉力を強化することができます。対象の企業を合併したり買収したりすることで事業規模の拡大を図る方法です。

「規律確保型」の戦略M&Aは収益が低い事業を分離することによって生じた利益を再投資することによって本来の事業の強化を図ったり、効率の悪い事業を抑制したり回避することによって本来の事業の効率を図ります。一般的に経営を多角化したことによって生じた低い収益の事業などを手放す方法です。

M&Aは選択と集中が重要

「時間を買う」といった戦略的M&Aがあり、新規にエリアを開拓したいような場合そのエリアにある企業を買収し、確実に早期にそのエリアに進出させるという方法があり、買収すると同時にノウハウも吸収したり経営資源や売り上げ利益などを確保する方法です。

このような戦略的M&Aを実施することで、リスクをどれぐらい抑えて自社の企業価値などを高めていくかが重要になってきます。M&Aを効率良く活用するには、選択することと集中することが大事です。

どの事業が自社にとって利益となるか不利益になるか十分吟味し、場合によっては不利益になる事業は売却する方が将来的にメリットがあると判断するのが大切となり、自社の本来の事業に集中させることによって利益を狙い中心となる事業を発展させる方法があります。

成長している企業はM&Aをうまく活用している

具体的な戦略的M&Aの事例として、ある企業では将来を見据えて本来の事業を中心に投資を進めていて、多角化経営によって生じた効率の悪い事業を計画的に売却していて、売却して出た利益を本来の事業に投資したり経営強化を図っています。

M&Aは大企業ばかりするイメージですが、以前から中小企業においても実施されていて戦略的に活用することによって競争力を高めたり経営課題を克服したりしていて、実際に成功した中小企業もあり高収入の事業に変身しています。

成長が著しい企業ほどM&Aを効率良く活用し、将来に向けての具体的なプランを立てているでしょう。まずは事業選別が大切で、何を選択するかによって具体的にM&Aを検討することができるようになります。