M&Aが株価に及ぼす影響

column

コラム

M&Aが株価に及ぼす影響

M&Aとは

M&Aとは「Mergers and Acquisitions」を省略したものです。
その意味は「合併と買収」です。

企業は様々な理由によって他の企業の事業や経営権を取得することがあります。例えば多角的な経営を行っている企業が、経営資源をある分野に集中したいと考えるような場合にもM&Aが行われることがあります。

会社分割や事業譲渡のような手法によって不必要となった事業を分離し、必要とする企業に売却することで経営の効率化を図ることが可能になります。また新規事業を立ち上げるよりも既存の企業が持つノウハウや技術、販売経路などを合併によって取得することでコストを抑えて効率的に事業を展開することができるようになります。

このようにM&Aによって事業が円滑に遂行できるようになることで、株価にも大きな影響を与えることになります。

M&Aの方法

M&Aの方法には様々な方法がありますが最終的に企業の業績と株価に反映されるという点は同じです。まず支配権の取得を必要としない提携という方法があります。

この方法には資本関係を伴う場合とそうでない場合があり研究や生産、販売など様々な目的で行われます。次に支配権の取得を目的とする様々な方法があります。

新設合併や株式移転のように新会社を設立する場合や、事業譲渡や吸収分割という方法により企業の一部を分割して譲渡する方法もあります。

吸収合併が行われる場合には買収される側の企業が消滅することになります。また新設合併により新たな企業を立ち上げる場合にも既存企業は消滅することになるので株主には大きな影響があります。

株式移転は新会社が既存企業を子会社化するものです。一方で既存企業が相手企業を子会社化する株式交換という方法もあります。

M&Aの株価への影響

日本におけるM&Aのほとんどは友好的なものです。M&Aが順調に行わることでスムーズな事業展開が可能となり収益性が増加します。
そして株価にも良い影響を与えることになります。

買収を考えている企業が新たな事業を立ち上げるための基盤を整備するためには膨大な資金と時間が必要です。しかし既存企業が持つ経営基盤を流用することで効率的に事業を展開することが可能になります。

一方で買収される側の企業もM&Aによって資金を調達することができ、会社の財務状況を改善することで経営の再建を図ることができます。
このようにM&Aは買収をする側にもされる側にも相乗効果を発揮するため、両方の企業の株価が上昇しやすい傾向にあります。