敵対的買収とその対策方法!

column

コラム

敵対的買収とその対策方法!

敵対的買収の意味

近年は敵対的買収を行う企業が多いため、メディアにもしばしば登場しています。そのため、世間での認知度も高くなっていますが、実際に敵対的買収とは何かをきちんと把握している人は少ないです。

敵対的買収とは、買収側が買収対象になっている企業から同意を得ることなく経営権を奪うことを言います。ただし、これはいつでも敵対的買収にならないときもあります。買収対象になっている企業が経営努力をせずに株主に対して満足の行く配当などを行っていないケースです。

株主から経営陣の交代が求められているような場合には敵対的であったとしても、敵対的買収とはみなされません。この「敵対的」というのは経営陣にとってではなく、あくまでも株主にとっての行為です。

敵対的買収を仕掛ける者

敵対的買収を行う者には種類があります。それはストラテジック・バイヤーとフィナンシャル・バイヤーの2つです。ストラテジック・バイヤーとは自社の競争力を高めるために同業他社を買収する者のことです。

競争力だけでなくシナジー効果や経営の効率化などの目的でも行われます。これらは自社の事業戦略上必要な企業買収を実施しているだけです。他方、フィナンシャル・バイヤーとは事業戦略とは無関係にキャピタルゲインを稼得する目的で企業買収を行う者のことです。

フィナンシャル・バイヤーと似たようなものにグリーンメイラーというものもあります。これは敵対的買収を仕掛けて、購入した株式を買収された企業あるいは関係者に高額で販売します。

有効な対策方法

敵対的買収に対抗する手段もあります。その1つにゴールデンパラシュートがあります。これは敵対的買収を受けて実際に買収されたときに、通常よりも高い割り増し退職金を支払う契約を設けておくことです。

この契約があると、買収企業は巨額の退職金を支払う必要があることからコストが非常に高くなってしまいます。また、スタッガードボードという手法もあります。これはすべての取締役が1度に選出されないように役員の選出時期をずらしておくというものです。

これで敵対的買収を仕掛けてきた企業に一度に経営権を握らせないようにします。他にもホワイトナイトもあります。ホワイトナイトとは敵対的買収を仕掛けられたときに、他の友好的な企業に買収を頼むことです。