会社の創業するために知っておくべき手続きと手順

column

コラム

会社の創業するために知っておくべき手続きと手順

会社名や事業目的を決める

会社を創業するにあたって、まず最初の準備が会社名を決めることです。会社名はその会社の顔ともいえる大事な物なので、安易に決めずにしっかりと考えて決めることが重要になります。

名前は創業者が自由に決めることができますが、大切なのは覚えやすく印象に残りやすい名前にすることです。取引先など他社から覚えてもらいやすい名前にすることが望ましく、株式であれば会社名の前後どちらかにに株式会社とつける必要があります。

名前が決まったら次は事業目的です。これは会社の経営を左右するだけでなく、会社設立の手続きの時に記入する必要があるため、こちらもしっかりと決めおくことが大切になります。

忘れてはいけないのが人員の配置で、その会社の代表取締役や役員の人事なども創業時に決めておくことが求められます。

本店の場所探しと類似商号の調査

次に必要な準備は、会社の本店(本社)の場所を決める作業です。支店は後々いくらでも増やすことはできますが、会社の本店は一つだけになるので利便性や周囲の環境など将来的な面も考慮して決めることが大切になります。個人として会社を創業するのであれば、まずは自宅を本店として登録をした後に、経営のメインとなる場所を営業所にするといったことも可能です。

この時に、本店となる住所の周囲に類似商号の会社がないかのチェックを忘れてはいけません。法律上は同一の住所でなければ同じ会社名であっても設立することは可能ですが、あまりに近い場所に同名の会社があっては取引先など他の人間が困惑してしまうため、できる限り避けることが無難といえます。

資本金の口座への入金や必要書類の提出

ここまでの準備が整ったら、あとは必要書類の作成と資金の口座への入金だけです。会社を創業するにあたって、会社の中での取り決めなどを記した定款というものを作成する必要があります。この定款も経営において重要となるのでしっかりと取り決めを行うことが大切です。

作成が終わったら所定の役場にて認証を行ってもらいますが、この時に手続きの費用として数万円掛かるのでお金の準備も忘れてはいけません。その後必要な書類を記入して法務局に持っていき、そこで登記申請を行って申請が認められて登記簿謄本を取得することで初めて会社の経営をスタートさせることができるのです。

資本金は、まずは代表取締役の個人の口座に入金をしておいて、登記簿謄本取得後に金融機関で会社専用の口座を開設してから改めて会社の口座にお金を移すという形になります。