副業で稼いだ金額が20万円以下でも確定申告は必要?

column

コラム

副業で稼いだ金額が20万円以下でも確定申告は必要?

副業にはどんなものがある?

サラリーマンとして会社で働いている人が、さらに収入を得るために副業をすることもあるでしょう。一口に副業といってもいろいろな種類があります。

・インターネットでアフィリエイト収入を得る
・株式や投資信託、FXなどで配当金を得る
・フリーマーケットやネットオークションで稼ぐ
・空いた時間にアルバイトをする
・不動産経営を行って家賃収入を得る

このような副業の種類の中で、所得として分類する場合、さまざまな種類に分けることができます。例えばアフィリエイトやフリーマーケット、ネットオークションで得た所得、またFXでの利益は雑所得です。株式や投資信託の売却益は譲渡所得、これらの配当金は配当所得、アルバイトは給与所得、不動産によるものは不動産所得などとなるのです。

【副業の確定申告に注意!どこから事業所得?】

所得の計算には経費を算入しよう

副業で得た所得を計算する際、注意したいのは収入そのものが所得になるわけではないということです。所得の計算は、収入からその副業にかかった経費を差し引いた金額となります。

インターネットを介したものであれば、例えばサイトの登録費用やサーバー、ドメイン取得にかかる費用などを経費とすることができます。フリーマーケットで手作りの商品を出品した場合、その商品を製作する費用は経費に計上できるのです。不動産経営をしている場合なら、管理費や修繕費などが経費になるでしょう。

これらの経費を収入から差し引いた金額が20万円以下なら、多くの場合は確定申告が不要になります。ただし、副業で得た所得が20万円以下の場合でも確定申告が必要になるパターンがあります。

所得20万円以下でも確定申告が必要なパターンとは

一般的に、副業で得た所得が20万円を超えない場合は確定申告が不要といわれていますが、所得20万円以下で確定申告が免除されるものの中に、給与所得と退職所得は含まれていません。

そのため、前述のような副業の中で、アルバイトをして得た所得は給与所得に入るため、確定申告の免除対象とはならないのです。つまり、アルバイトの所得は20万円以下の場合でも確定申告が必要になるということです。