簡易課税選択者は要注意。消費税が還付されるケースとは?

column

コラム

簡易課税選択者は要注意。消費税が還付されるケースとは?

納めた消費税が還付される場合がある

一定の条件を満たした課税事業者の場合、事業で対価を得る商品やサービスに消費税を付加し、消費者から預かった消費税を税務署に納める義務があります。

納める消費税額の計算方法は、消費者から預かった消費税額から、仕入れの際に取引先に支払った消費税額を差し引いて求められます。

この計算方法で、もし取引先に支払った消費税の方が多い場合、払いすぎている消費税の還付を受けることが可能なのです。

消費税の還付を受けられるのは、下記に説明する消費税の課税方法のうち、原則課税の場合となります。

消費税の課税方法は2種類

消費税が課税される方法には2種類があります。

・原則課税
消費者から預かった消費税額から、仕入れの際に取引先に支払った消費税額を差し引くスタンダードな方法です。取引先に支払った消費税額の方が多い場合に還付を受けられるのは、この方法で消費税を納めた場合となります。

・簡易課税
これは、課税対象となる売上が5,000万円以下の事業者に適用されるもので、課税対象となる売上に対する仕入れ額の割合を決めて、消費税額を計算するというものです。

少し具体的に簡易課税について見ていきましょう。

還付を受けることができない簡易課税

簡易課税とはどのようなものか

簡易課税は、前述のように消費者から預かった消費税にみなし仕入れ率を掛けて、その税額を控除できるものです。これにより、税額の負担を軽減することが可能になるのです。

簡易課税が適用される条件とは、基準期間となる一昨年の事業年度の売上額が5,000万円以下であること、また消費税の課税対象となる期間の前に、消費税簡易課税制度選択届出書を提出していることです。

この条件に当てはまる場合は簡易課税か原則課税を選ぶことができ、方法によっては消費税額がお得になります。

簡易課税のメリットとは

では、簡易課税を適用することによって得られるメリットとはどのようなものでしょうか。

・消費税額が有利になることがある
例えば課税対象となる売上額が3,000万円であった場合、消費者から預かった消費税は3,000万円×8%=240万円です。そして仕入れが1,000万円の場合、支払った消費税は1,000万円×8%=80万円です。原則課税では納める消費税額は240万円-80万円=160万円となります。

これが、例えばサービス業の場合はみなし仕入れ率は50%ですから、240万円×50%=120万円が仕入控除税額となります。これを預かった消費税から控除すると240万円-120万円=120万円が納めるべき消費税額となり、原則課税の場合より40万円お得になるというわけです。

・事務処理が楽
簡易課税を適用した場合、消費税額を算出するのに実際の仕入れ額にかかる消費税を計算しなくてもよくなります。計算は、預かった消費税額にみなし仕入れ率を掛けて、算出された仕入控除税額を預かった消費税から差し引くだけでOKですから、計算が簡単になるのです。

以上のように課税対象売上高に一定率を乗じて、消費税額を算定するために非常に計算が楽なのですが、みなし仕入れ率は40~90%となっているため、必ず納税が発生します。つまり還付を受けることができません。
事業計画とともに納税計画を検討し、有利な方法を選択していく必要があります。

みなし仕入率
第一種事業(卸売業) 90%
第二種事業(小売業) 80%
第三種事業(製造業等) 70%
第四種事業(その他の事業) 60%
第五種事業(サービス業等) 50%
第六種事業(不動産業) 40%

 

消費税が還付されるケースと還付方法

では、原則課税で消費税を納めた場合に還付を受けられるケースにはどのようなものがあるでしょうか。

・売上額よりも仕入れ額の方がかさんで赤字になった場合

課税対象となる売上額よりも仕入れ額の方が多い場合、単純に計算して仕入れの際に支払った消費税の方が多くなると考えられます。

・設備費用を投じて多額の消費税を支払った場合

大規模な設備投資を行った場合、その年の課税対象になる売上額よりも、設備費用の支払いにかかる消費税額の方が多額になる場合があります。

・課税事業者である海外輸出を営む業者

海外に商品を輸出する場合、海外から得られる売上は免税となります。しかし、仕入れは国内で行っているため、消費税を支払っているでしょう。この場合、仕入れの際に支払った消費税を払いすぎていることになります。

 

以上のケースを踏まえ、消費税の還付を受ける方法について見ていきましょう。還付は確定申告の際に消費税額を申告することで受けられます。還付は銀行口座振込か、ゆうちょ銀行での受け取りを選ぶことが可能です。