土地の固定資産税で使われる路線価とは

column

コラム

土地の固定資産税で使われる路線価とは

固定資産税を計算するのに必要な路線価

土地や建物といった不動産を所有している場合に、その不動産に対して固定資産税が課税されます。

不動産を所有している人のもとには納税通知書が送られ、それをもとにして納税することとなるのです。

固定資産税の計算の上で、特に土地にかかる税金の計算に使用されるのが路線価です。

路線価は、それぞれの土地に接する道路ごとに設定された評価額です。

土地の固定資産税の計算は、この路線価を使ってまず固定資産税評価額を算定し、その額をもとに行います。

固定資産税と相続税の計算における路線価は違う

路線価といえば、固定資産税の計算のほかに相続税の計算にも使用されるものです。

しかし、相続税路線価と、固定資産税路線価は違うものなのです。それぞれの違いは以下のような点です。

固定資産税路線価

固定資産税路線価は、その土地が属する市町村が制定し、公示しているものです。市町村のホームページで確認することができます。

相続税路線価

相続税路線価は、国税局や税務署によって制定され、公示されています。国税庁のホームページで確認できます。

それぞれの路線価については、国土交通省のホームページでも調べられるようになっています。

固定資産税の計算における路線価

こちらでは、特に固定資産税の計算で路線価をどのように使用するかを見ていきます。

固定資産税の計算においては、その不動産の固定資産税評価額の算定が求められます。

固定資産税評価額の計算方法は、土地と建物で異なっています。

固定資産税評価額の算定において路線価を用いるのは、土地の評価額となります。

その土地の路線価に土地の面積をかけて出た数値が、土地の固定資産税評価額です。ただし、土地の形状によって細かな補正が必要な場合があり、その補正の方法は市町村独自に設定されています。

そのため、正確な固定資産税評価額を知るには、市町村に確認してみるのがいいでしょう。

ちなみに、土地の固定資産税を求めるには、上記のように算出した固定資産税評価額に1.4%の税率をかけることになります。

税率に関しては、建物に関しても同様です。