相続税の基礎控除は改正によってどう変わった?

column

コラム

相続税の基礎控除は改正によってどう変わった?

相続税とはどんなもの?

ある人が亡くなったとき、その人の財産を相続するときにかかる税金が相続税です。財産相続の際には法定相続人となる人に相続されることになりますが、相続税は法定相続人ごとに課せられるのではなく、相続される財産の総額から計算されます。

相続税の計算には基礎控除が適用され、相続財産が基礎控除額を超えない場合には相続税は課税されません。そのため相続税は、実質その財産が高額になる人が納めるべき税金であるといえます。

相続税の税率は引き上げ、基礎控除は引き下げに

相続税に関しては、平成27年に改正されました。この改正で、金額によって課せられる税率や基礎控除額が変更されたのです。税率は、特に相続財産が2億~3億円、6億円超の場合に関して引き上げが行われ、それに対して基礎控除額は引き下げられることになりました。

つまり、相続の時期によって支払うべき相続税の額は大幅に変わり、総じて相続税の負担が大きくなったといえるのです。改正前に相続予定額を試算したことがある人も、今後はどれくらいの相続税が課せられるか改めて試算しておくようにしましょう。

相続税の基礎控除の計算方法や税率

では、相続税の基礎控除や税率はどのように改正されたのでしょうか。

基礎控除額

・改正前…5,000万円+(1,000万円×法定相続人の数)
・改正後…3,000万円+(600万円×法定相続人の数)

例えば、法定相続人が2人いた場合、

・改正前…5,000万円+(1,000万円×2)=7,000万円
・改正後…3,000万円+(600万円×2)=4,200万円

以上のようになり、改正前では基礎控除額は7,000万円ですが、改正後には控除できる額が4,200万円のみとなったのです。

つまり、改正前では7000万円までは相続税が課されなかったのに対して、改正後では4200万円までとなり、課税対象者が増加しました。

税率

税率の改正については、主に相続財産が高額になった場合に引き上げられています。改正が行われたのは、以下の区分です。

〇基礎控除後の相続人の取得金額が2億円超~3億円以下の場合
・改正前…40%
・改正後…45%

〇基礎控除後の相続人の取得金額が6億円超の場合
・改正前…50%
・改正後…55%

例えば、相続人の取得金額が3億円の場合の税額は、

・改正前…3億円×40%=1億2,000万円
・改正後…3億円×45%=1億3,500万円

となり、改正後の税額が高くなったことがわかります。