相続税の相談は税理士に任せたほうが良い理由

column

コラム

相続税の相談は税理士に任せたほうが良い理由

相続税の相談は自分でするのが難しい

亡くなった人の財産を相続するとき、財産の金額によっては相続税の申告が必要になります。しかし、相続税の申告においては計算や適用される控除などが複雑であり、自分自身で算出するのは難しいと言われているのです。

もし、相続財産が現金や株式などのみであれば、まだ何とか自分で計算して申告することはできるかもしれません。ただし、相続財産に不動産が含まれている場合などはその計算は難を極めるでしょう。また、申告に不備があった場合には税務調査によって追及され、追徴課税を受けなければならないケースもあります。

相続税に強い税理士がいる

このように、申告をする際の計算や不備があった場合のことを考えると、税金のプロである税理士に相談するのが一番いい方法です。税理士と一口に言っても、それぞれに専門分野を持っていることが多く、その中には特に相続税に強いプロの税理士が存在しています。

相続税に強い税理士とは、具体的には税理士試験の際に相続税法を選択して合格している税理士です。税理士試験の科目の中で、相続税法は特に難易度が高いと言われています。そのため、相続税法の試験に合格している税理士は知識が高く、複雑な案件でも安心して相談できるのです。

さらに、相続は全く同じ案件がなく、一つ一つ特殊な事例に当たりながら対応していく必要があります。そのため、数多くの相続税申告を経験した税理士のほうが的確な判断をすることができます。

税理士に依頼した方がいい理由とは?

相続税の申告について、税理士に相談した方がいい理由には以下のようなものがあります。

きちんとした計算ができる

計算方法が難しい相続税においては、素人が計算するよりも税理士に任せて、きちんとした税額を算出してもらう方が安心です。それにより、ミスなく正しい申告ができるでしょう。

不動産などにおいて財産の評価を任せられる

相続財産の中の不動産については、相続税評価額を算出する必要があります。不動産は土地の形状や建物の状態などによって複雑に変動するものですから、素人が算出するよりも税理士に任せた方が安心です。

各種控除の判断

相続税にはいくつかの控除制度がありますが、それを適用されるためには数々の条件が存在します。控除の適用を受けられるかどうかの判断を税理士に仰げば、適切な対応ができるのです。

税務調査の際のサポート

もし税務調査が入ったときには、税理士のサポートを受ければ問題点を税務署に的確に説明してもらえます。

 

 

贈与・相続は少しでも早い段階で専門家へ相談したほうが、格段に取れる選択肢が増え、その節税効果も大きくなる可能性があります。

話ずらい問題も多々あると思いますが、少しでも早い相談をお勧めいたします。