遺産分割を相続税の申告期限までに行うメリット

column

コラム

遺産分割を相続税の申告期限までに行うメリット

相続税の申告期限とは

亡くなった人(被相続人)の財産を相続する際、その財産額が基礎控除額を超えている場合は相続税を申告する必要があります。基礎控除額は3,000万円+(600万円×法定相続人の数)で求められ、この金額よりも財産額が上回る場合、相続税が課せられることになるのです。

そして、相続税を申告には期限が設けられています。その期限は、相続が発生することを知った日の翌日から10ヵ月以内です。また、この申告期限と税額の納付期限は同じですから、ギリギリに申告すると納税が間に合わないといった事態にもなりかねません。

もし申告期限を過ぎて申告した場合には加算税が課せられ、税額の納付が納付期間を過ぎた場合には延滞税が課せられます。

遺産分割が申告期限までに決められないとき

この申告期限までに遺族で話し合いをしておくべきなのは、遺産分割の方法です。申告期限までにその話し合いが終わっていればスムーズですが、話し合いが終わらずに遺産分割の方法が決められないときには、その後の手続きが煩雑になってしまいます。

遺産分割の方法が決まらないときにも、相続税の申告は期限内に行わなければなりません。いったんは法定相続に基づいた申告を行い、その後遺産分割の方法が申告内容と異なる場合には、後日修正申告などを行うことになります。

遺産分割を申告期限までに行うメリットとは

相続税の申告期限までに遺産分割の方法を決めておくと、手続きがスムーズに済むだけではなく、税制上の優遇措置や特例措置が受けられます。相続税が少しでもお得になる方法として、覚えておくといいでしょう。その内容とは、主に以下のようなものです。

・配偶者が相続した財産と法定相続分のどちらか少ない方の金額分については非課税になる
・小規模宅地の特例について、自ら住む土地については一定の条件について税額を減額
・農地や事業引き継ぎなどにおいて、相続税の納付期間に猶予が設けられる
・相続を受けた財産を譲渡した場合、その財産の取得費に一定金額を足して譲渡所得から控除できる
など